スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

保健師

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号83084

 主に、区役所地域みまもり支援センター等で、担当地区における健康な地域づくりに向けた活動の支援や、母子・高齢者・障害者等の保健福祉に関する相談支援、感染症対策など、保健師の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


保健師
吉田 夏実
川崎区役所
田島地区健康福祉ステーション
(平成29年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市は、生産年齢人口の割合が高く、若い世代の力がある都市であることに以前から漠然と興味を持っていました。そんな中、川崎市の採用案内を目にした際、新人教育が充実していることに魅力を感じ、新卒採用であってもしっかり教育していただけると思い、川崎市を志望しました。また、ワークライフバランスを重視していることも志望をした理由の一つです。

今の部署での仕事内容について


 母子保健業務では、主に妊婦や就学前の子どもを対象に支援をしています。何らかの課題がある御家庭については、継続的に支援を行い、状況が少しでも改善するよう助言をしたり、他機関につなげたりしています。なかなかすぐに課題を解決することは難しいですが、対象者と信頼関係を築き、じっくりと関わることで、少しずつ良い方向に改善したときにはとてもやりがいを感じます。
 また、地域住民と地域の課題について共有をして課題解決に向けた具体策を地域の人と一緒に考え、より住みやすいまちとなるような地域づくりを行っています。地域の人との関係を築き、具体策を実行できたときにやりがいとともに達成感を感じます。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 現在の職場では、保健師と社会福祉職が一緒に仕事をしています。職員同士の距離が近く、非常に風通しの良い職場です。
 困ったことがあればすぐに相談しやすい環境で、一人で抱え込むことがないように配慮をしてくれています。

終業後や休日の過ごし方

 終業後は、川崎駅でショッピングをしたり、職場の同期や保健師の同期と食事に行くこともあります。休日は、友人と旅行に行ったり、リラックスのためにヨガをしたりしてプライベートも充実させています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市は北部から南部にかけてさまざまな特徴があります。市役所職員になって分かる川崎市の魅力をぜひ味わっていただきたいです。みなさんと一緒に働ける日を心待ちにしています!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp