スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

学校事務職

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号84681

 市立小学校・中学校・特別支援学校等で、庶務、財務、文書管理などの学校事務業務に従事します。

職員へのインタビュー


学校事務職
森山 貴文
市立南大師中学校
(平成28年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 私はもともと公務員志望で、社会や地域のために力になりたいと思い、多くの自治体や職種について調べました。その中でも特に学校で働きたいという気持ちがあり、学校事務を選びました。
 私にとって川崎は学生の頃から頻繁に足を運んでいた身近な都市です。交通の便が良いため、東京・横浜方面からも通いやすく、若い世代が転入し続けていて、今後も更に発展していく都市であると思い志望しました。

今の部署での仕事内容について


 私が現在勤務している南大師中学校は、生徒数330名程の学校です。
 主な仕事内容は教職員の給与・旅費・服務・福利厚生関係や文書受付・文書管理・就学援助や庶務事務等の事務処理があります。また、予算管理を始めとする物品・教材等の調達・予算執行・支出に係る支出事務、物品管理等の財務事務があります。このように学校事務職員の仕事は多岐に渡ります。
 毎日常に同じ業務をこなしているだけでなく、その場の状況に応じながら仕事を進めていくことで、教職員や生徒、学校全体を支えている存在であることに、とてもやりがいを感じています。
 また、現場には多くの行事があるため、四季や子どもの成長を感じながら仕事ができることも魅力の一つです。教職員・生徒・保護者や地域の方と関わりながら、学校・地域のために貢献できることも、仕事をする上でのやりがいに繋がっています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

※勤務時間は、勤務場所によって異なる場合があります。

職場の雰囲気について

 学校行事や日頃の様子を通じて、教職員・生徒のいきいきとした表情を見ることができます。特に体育祭や合唱コンクール等の行事では、学校全体で一つのものを創り上げていくので、やり遂げた達成感を全員で共有でき、一体感のある雰囲気です。

終業後や休日の過ごし方

 終業後は学校事務の同僚や教職員と一緒に野球をしたり、友人と食事をすることが多いです。休日はジムや岩盤浴に行き、汗を流すことにより一人の時間を大切にしてリフレッシュしています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市のさまざまな魅力を感じ取り、働きたいという気持ちを強く持ちながら採用試験に臨むことが良いと思います。川崎市の職員としてともに働けることを楽しみにしています。最後まで諦めずに頑張ってください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp