スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

臨床検査技師

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号84686

 主に、市立病院、健康福祉局等で、検体検査・生理機能検査業務、感染症の検査・研究など、臨床検査技師の専門業務に従事します。


臨床検査技師
病院局
市立川崎病院
検査科
寺岡 和香
(平成29年入庁)

職員へのインタビュー

川崎市を志望したきっかけ・理由

 幼い頃引っ越してきて約20年川崎で暮らしています。学生の頃からボランティア活動に興味があり、災害等が起きたときに直ぐに行動できるような場所に勤めたいと思っていました。人口も増え続け、成長し続ける川崎市は、なにより私にとって愛着があり一生住み続けたいまちです。そんな川崎市で働くことができ、かつ市民のために貢献できるということが一番の決め手でした。

今の部署での仕事内容について


 生理検査室では心電図、肺機能検査、ABI・TBI、脳波、筋電図、誘発電位、心エコー、超音波などさまざまな検査を行っています。他の検査室に比べ患者さんと直接関わる機会が多いのが特徴だと思います。教科書で見たことのある所見を実際に体験し、検査するという緊張感があり、検査によっては基準値はあるものの個人差が激しく、判断に困ることも多々あります。時には思うように行かず、落ち込むこともありますが、成長している自分を感じられた日は本当に嬉しいです。日々の積み重ねが未来の自分に繋がっていることを実感できる職場です。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 川崎病院の検査科は女性職員が多く、妊娠・出産や育児、お子さんの学校行事、急な体調不良(お子さんや本人)などに対しとても理解のある環境です。上司、先輩、同僚はみんな明るく話しやすいだけでなく、常に新しいことを学ぼうという精神を持っていて、感銘を受けています。臨床検査技師としてだけでなく人として尊敬できる方ばかりでこのような職場で働けて幸せだなと感謝するばかりです。

終業後や休日の過ごし方

 病院から教育の一環として一部援助を受け研修会、学会に参加し、新しい知識や技術を高めることできます。休日はゆっくり過ごしたり、休暇を取って国内外に旅行に出かけたりとさまざまです。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市職員になって初めて知る川崎の魅力がたくさんあります。それぞれ与えられた職場で最幸のまち川崎を実現できるように切磋琢磨していきたいです。皆さんと共に働ける日を楽しみしています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp