現在位置:

【平成29年4月25日(火)】都市計画道路栗木線の稲城市境区間が開通

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年5月1日

麻生区と稲城市を結ぶ都市計画道路栗木線の開通式典に出席しました ―麻生区長 北沢仁美―

 4月25日、川崎市(麻生区)と稲城市境区間の都市計画道路の開通式典が稲城上平尾土地区画整理組合の主催により開催され、川崎市役所を代表して出席しました。

 このたび開通したのは、川崎市麻生区側が「栗木線(くりぎせん)」、東京都稲城市側が「小田良上平尾線(こだらかみひらおせん)」という名称の連続した道路で、上麻生連光寺線と鶴川街道を結びます。

 当日はテープカットにふさわしい晴天に恵まれ、麻生区側からは麻生警察署長、議会を代表して麻生区選出の山崎まちづくり委員長、稲城市からは、市長、副議長、整理組合理事長、副理事長に加えて、イメージキャラクターの「稲城なしのすけ」も参加してテープカットを行い、両市の道路公園センターパトロール車による通り初めが行われました。私も「かきまるくん」とともに参加すればよかったと思いました。

 川崎市と稲城市は、これまでも消防相互応援協定による火災発生時などの応援出動で、双方年間2件程度の実績や市立図書館の利用協定を結んで連携してまいりましたが、この開通により交通利便性が向上し、今後ますます地域コミュニティが盛んになり、地域の活性化につながることが期待されます。

 私からは挨拶の際に、ゴールデンウィーク中に開催される川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり2017)の開催に触れ、多くの稲城市民の方々にも来ていただけるよう紹介してまいりました。

 改めまして、高橋稲城市長様をはじめ、関係する皆様に対しまして、日ごろから川崎市及び麻生区のまちづくりにおけるご理解とご協力に感謝申し上げるとともに、今後とも、市民生活の利便性向上を目指して連携、協力していきたいと思います。


川崎市側から


栗平方面に向けてスタート

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 麻生区役所まちづくり推進部企画課

〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1丁目5番1号

電話:044-965-5112

ファクス:044-965-5200

メールアドレス:73kikaku@city.kawasaki.jp