現在位置:

平和・人権学習(2)「人権ってなんだろう…を 今、考える」参加者募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月3日

【連続講座】平和・人権学習(2)「人権ってなんだろう…を 今、考える」

文化や価値観、考え方、障がい者への理解など、多様性社会について一緒に考えてみませんか?

日時

  1. 1月25日金曜日
  2. 2月1日金曜日
  3. 2月5日火曜日
  4. 2月12日火曜日
  5. 2月19日火曜日
  6. 3月1日金曜日
  7. 3月8日金曜日

10時~12時

対象・定員

関心のある方 35名【先着順】

参加費

無料(ただし、交通費・保険代は自己負担です。)

申込み

12月18日火曜日9時から、来館または電話、FAX、ホームページでお申込みください。
※原則 全回参加となります。

ホームページからの申込み

ホームページからの申込みは12月18日火曜日9時からご利用いただけます。

学習プログラム
日程内容講師
1月25日(金)

女性の権利について学ぶ

#MeToo、マタハラ、医学部入試差別など、女性の人権をめぐる問題が報じられない日はありません。どのように解決できるのか、一緒に考えましょう。

弁護士 穂積 匡史
2月1日(金)女性、障がい者など、誰もが自分らしく生きられる社会=多様性社会と人権について学ぶ弁護士 小林 克彦
2月5日(火)映画『ひいくんのあるく町』鑑賞と監督トーク映画監督 青柳 拓
2月12日(火)

ハンディをもつ方に就労体験を
~三者協働の仕組みを語ろう~

障害を持つ方を力強く応援するために、異なる立場をどう乗り越えるか?その仕組みと今後の課題を語り合います。

(株)川崎フロンターレ営業部スポンサーセールスグループ グループ長 鈴木順

NPO法人ピープルデザイン研究所 理事長 須藤シンジ

川崎市健康福祉局障害保健福祉部障害者雇用・就労推進課 課長 西川洋一

2月19日(火)

現場で学ぶ白山愛児園の地域社会での役割

遠くから嘆息するだけでなく、現地で施設と職員の活動を“見て、聞いて”地域社会での役割を考えてみましょう。

白山愛児園 施設長 霜倉博文
3月1日(金)

今、子どものいじめの実態はどのようになっているのか、親はどうすればいいか、などについて学ぶ

弁護士 佐藤 みのり
3月8日(金)

交流・セッション

人権ってなんだろう…を 今、考える

参加者の皆さん・企画委員・職員での交流、まとめ

主催

川崎市教育委員会(実施機関 麻生市民館)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市麻生市民館
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号
電話:044-951-1300
ファクス:044-951-1650
メールアドレス:88asaosi@city.kawasaki.jp