スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

市民自主企画事業『何歳(いくつ)になっても子は宝物』受講者募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年8月23日

市民自主企画事業『何歳(いくつ)になっても子は宝物』

地域の人間関係が希薄になり、子育てしていく中で親子が孤立しがちになっています。
社会的ひきこもりの成人の子どもを持つ親も含めて、今、子どもの幸せを願っている親にできることはなにか、一つ一つを各方面の専門家と共に考えていきます。

日時

9月28日(土)、10月8日(火)、10月26日(土)

14時~16時、全3回

※各講座は1つからでも参加できます。希望する回の講座をお申込みください。
※9月28日(土)の講座は、好評につき定員となりましたので、申込みを締め切りました。

会場

麻生市民館第1会議室(第1回、第2回)、麻生区役所第1会議室(第3回)

対象・定員

関心のある方 第1回、第2回は40名、第3回は150名【先着順】

参加費

無料

申込み

来館または電話、FAX、ホームページでお申込みください。

ホームページからの申込み

ホームページからの申込みは、こちらのリンクからお申込みください

講座内容
月日会場講師テーマ
19月28日(土)麻生市民館第1会議室牛島 智子氏
(よこはま港南地域療育センター ぴーす港南園長)
「自己肯定感を育む」発達障害支援の現場から
210月8日(火)麻生市民館第1会議室広木 克行氏
(神戸大学名誉教授<臨床教育学>)
「子どもの幸せを第一に」不登校に学ぶ子どもの心
310月26日(土)麻生区役所第1会議室

林 恭子氏
(ひきこもりUX会議代表理事)

「家族にできること」ひきこもり経験者の立場から

主催

子育て支援の会 プレシャス、川崎市教育委員会

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市麻生市民館
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号
電話:044-951-1300
ファクス:044-951-1650
メールアドレス:88asaosi@city.kawasaki.jp