スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

【開催中止】『地域自己診断ツールを活用した地域づくり報告会』 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月10日

コンテンツ番号112765

開催中止のお知らせ

※重要※

本報告会は、新型コロナウイルスの感染拡大予防の観点から、「開催中止」とさせていただきます。

すでに参加申込をされた方々にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、本報告会で配布予定の資料は、本ページ上に公開しております。

 

ご質問、ご不明点等につきましては、本ページ最下部のお問い合わせ先にお気軽にお問い合わせください。

報告会配布資料の公開

第1部 地域自己診断ツールを活用した地域づくり報告 スライド資料

地域自己診断ツールを活用した地域づくり報告会

 川崎市では、子どもから高齢者まで、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、地域ぐるみで支え合いの仕組みづくり(地域包括ケアシステム)を進めています。

 その一環として麻生区では、地域自己診断ツール「ちいきのちからシート」を活用した地域づくりに取り組んでいます。

  「ちいきのちからシート」とは、田園調布学園大学・麻生区連携協議会(※)が作成した、「地域住民が協力し合って地域の課題を解決する力」=「地域力」を計り、地域の現状や課題を可視化するツールです。

 麻生区独自の取り組みとして、本ツールを活用した地域づくりに関する報告会を開催します。

(※)地域の発展を人材の育成に寄与することを目的に、文化、福祉、教育、学術等の分野で連携・協力を進める協議会。

日時

令和2年3月8日(日) 10時~12時30分 

会場

麻生区役所4階 第1会議室

対象・定員

地域づくりに興味・関心のある方 先着100名

 

内容

(1)地域自己診断ツールを活用した地域づくり報告

地域自己診断ツール「ちいきのちからシート」の概要・改良点・活用方法などの説明や、令和元年度におけるツールを活用した地域づくりの実績報告をします。

(2)地域福祉活動の紹介「地域見守り協議会」

地域住民と田園調布学園大学等の連携プロジェクトとして実施している、安全・安心に暮らせるまちづくりを目指した「地域見守り活動」の実践報告をします。

申込方法

  • ホームページ・FAX・電話のいずれかでお申込みください。
  •  申込期間: 1月20日(月)~3月5日(木) 【先着順】

※特段の連絡がない場合はご参加いただけます。申込多数でご参加いただけない場合のみ、その旨連絡いたします。

ホームページ

申込専用入力フォームによりお申込ください。

FAX・電話

添付の広報ちらし(PDF形式,932.49KB)裏面をご参照の上、お申込ください。

その他

・公共交通機関の利用にご協力ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 麻生区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)地域ケア推進課

〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1

電話:044-965-5303

ファクス:044-965-5169

メールアドレス:73keasui@city.kawasaki.jp