現在位置:

川崎エコタウン エコとビジネスの調和を目指す環境先進都市

かつての深刻な公害問題の克服に努めてきた川崎市には、公害防止技術や環境技術、さまざまなノウハウの蓄積を有する多様な企業が立地しています。川崎市は、産業と環境が調和した持続可能な社会の実現に貢献する環境関連産業の振興を産業振興の重要な柱と位置づけ、環境技術を有する広範な企業のさらなる集積と連携を目指しています。

川崎臨海部の環境への取組

川崎臨海部は、わが国を代表する工業地域であり、長年にわたってわが国経済を牽引してきました。 1970年代のオイルショックを契機に徹底した省エネルギーを推進し、世界トップレベルの省エネルギー型生産を実現しました。循環型社会形成の機運の高まりから、1997年には川崎エコタウン事業による臨海部でのリサイクル関連施設整備が推進、また、立地企業による地球環境に関する自主行動計画の推進等、地球環境に貢献する先進的な取り組みが行政と企業等の協調によって実施されています。このように、川崎臨海部は環境・エネルギー分野においてもわが国の先進地域であり、最近では、アジア地域の環境への高まり中、中国をはじめ、海外から臨海部企業の環境への取り組みの視察も増大しています。もっと詳しく見る