マイコンシティ 南黒川地区

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年5月13日

 マイコンシティ南黒川地区は、黒川駅を降りてすぐの所にあります。交通に便利なこの土地には大きな企業が建ち並び、情報産業の発展に貢献しています。

概要

所在地

 川崎市麻生区南黒川

区画面積

 約31,000m²

事業手法

 黒川第一土地区画整理組合が施行した土地区画整理事業(昭和54年10月換地処分)により用地造成。用途地域変更(第一種住居専用地域→準工業地域・近隣商業地域)のうえ、マイコン関連企業の研究開発施設を土地分譲方式により誘致。

用途地域等

 準工業地域(建ぺい率60%、容積率200%、高さ制限20m以下)、近隣商業地域、緑化率20%以上。

土地利用

 快適な環境と良好な景観を形成するため、地区整備計画を定め、研究開発施設地区、関連施設地区及び商業業務施設地区の3つの土地利用に区分。

公共公益施設等

  1. 道路:幅員9m・6m
  2. 下水道:雨水、汚水分流式
  3. 上水道:直径100mm~200mm
  4. 電気:一部地中化
  5. 電話:電話回線を地中化
  6. ガス:中圧幹線
  7. 公園:3,800m²(南黒川第一公園)
  8. 調整地:1,966m²

立地企業施設内容

  1. マイコン関連企業(電機製造業、ソフトウェア業、情報処理サービス業等)
  2. マイコン関連の研究、開発、設計施設、試作業務(無公害型)

企業数

 10社(既存の立地企業1社含む、平成25年2月現在)

地区計画の内容

全体面積

 約59,000m²

研究開発施設地区

 約44,000m²(うち企業敷地約31,000m²、公共・公益施設約13,000m²)

関連施設地区

 約6,000m²

地区計画の主な内容

  • 建築物の用途の制限:研究開発施設地区、関連施設地区、商業業務施設地区の各区分ごとに、建築物の用途の制限が定めてあります。
  • 敷地面積の最低限度:研究開発施設地区800m²・関連施設地区200m²
  • 壁面の位置の制限:道路境界線より3m又は2,5m・敷地境界線より1m
  • 建築物等の形態又は意匠の制限:屋根、外壁、屋外広告物等は、美観、風致などを保つため刺激的な色彩又は装飾を用いない。
  • かき又はさくの構造の制限:ネットフェンス、生け垣などによる。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部工業振興課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3936

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kogyo@city.kawasaki.jp