スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

ガス循環機 (がすじゅんかんき)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年1月20日

 昭和6(1931)年に製造されたこの装置は、昭和電工(当時の昭和肥料)川崎工場の操業当時から、東工試法アンモニア合成設備の未反応ガスを、合成系へ再循環するガス圧縮機として使用されていた。東工試法とは、大正7(1918)年に農商務省臨時窒素研究所が研究開発したアンモニア合成技術で、昭和3(1928)年、同研究所が商工省東京工業試験所に吸収されたことから「東工試法」と略称されているもの。
 ガス循環機の処理能力は、1㎠あたり300kgあり、動力はモーターから平ベルトにて伝達していた。現在ではモニュメントとして構内に設置されている。近年、日本化学会から化学遺産に認定された。

ガス循環機

見学可
※見学会実施時のみ

見学申込方法

地方自治体が主催するバスツアー等に申し込んでください

問合せ窓口

昭和電工株式会社 川崎事業所

電話番号

044-322-6811

資料所在地

川崎市川崎区扇町5-1 昭和電工(株)川崎事業所内

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp