現在位置:

国民年金保険料の後納制度

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年4月1日

概要

国民年金制度は、20歳から60歳に到達するまでの40年の間に国民年金保険料を納めていただくことで満額の老齢基礎年金を受給することができます。しかしながら、保険料を納められなかった期間がある場合や資格取得などの届出忘れにより国民年金の資格期間がない場合には、将来の年金受給額が少なくなったり、年金そのものが受給できなくなってしまうことがあります。

このため、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分の国民年金保険料を納めることができる後納制度が始まりました。(納めていただく保険料には、当時の保険料額に一定の金額が加算されます。)

ただし、既に老齢基礎年金を受給されている方は納めることができませんので、ご注意願います。

なお、後納保険料を納付するためには、事前に年金事務所にお申し込みいただき、審査を受けていただくことになります。詳しくは、国民年金保険料専用ダイヤルまたは年金事務所へお問い合わせください。

詳細

問い合わせ先

国民年金保険料専用ダイヤル
電話:0570-011-050(050から始まる電話でおかけになる場合は03-6731-2015)
受付時間:月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分、及び、第2土曜日の午前9時30分から午後4時まで。ただし、月曜日(月曜日が休日の場合は翌日以降の開所日初日)は午後7時まで延長。
土曜(第2土曜除く)、日曜、祝日と12月29日から1月3日はご利用いただけません。


川崎年金事務所(川崎区・幸区にお住まいの方)電話044-233-0181(代)
高津年金事務所(中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区にお住まいの方)電話044-888-0111(代)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。