転出転入手続きの特例について(従来の付記転出・付記転入)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年1月23日

申請案内転出手続きの特例(電子申請による予約申請)

電子申請サービスの登録・ご利用方法について

 市外に転出するときは、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちでない場合、住所地の窓口に転出届を提出し、転出証明書を受け取り、新しい住所地の窓口に転入届と一緒に転出証明書を提出する必要があります。

 マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方について、あらかじめ郵送又は電子申請により住所地の窓口に転出届をしておけば、以前の住所地の窓口で転出証明書を受け取ることなく、新しい住所地の窓口に住民基本台帳カードを持参して行くことで、転入手続ができます。(転入先の窓口で転入届書の記載などはしていただきます。)

転出転入届の特例により手続きができる人

 マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちの、本人又は同一世帯の方

届出手続き

1 転出届

(1)郵送による方法

  1. 送付先
    住所地の区役所区民課、支所区民センターに郵便等で送付してください。
  2. 記載内容(便箋などの用紙でかまいません。)
    ・マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの交付を受けていること
    ・届出をする年月日
    ・転出予定年月日
    ・届出人の署名又は記名押印及び連絡先の電話番号
    ・新しい住所及びその世帯主氏名
    ・今までの住所及びその世帯主氏名
    ・転出する方の氏名、生年月日、性別
  3. 次のいずれかの本人確認書類の写し
  • マイナンバーカードまたは写真付住民基本台帳カード、運転免許証、旅券など官公署が発行した免許証、許可証もしくは資格証明書 (写真が貼付されたものに限る。) 1点
  • 健康保険証又は年金手帳、キャッシュカード、通帳等氏名が確認できる書類 2点

(2)電子申請による方法(今までの住所が川崎市の方に限ります。)

「川崎市電子申請システム」を利用して、転出届」を電子申請で送信することができます。

※ただし、利用条件が整っている場合に限ります。(※1)
(詳細及び申請は、「川崎市電子申請システム(ネット窓口かわさき)」をご覧ください。)

※1【利用条件】

  • 公的個人認証サービスの電子証明書が格納された住民基本台帳カードを持っていること。
  • 自宅等のパソコンに、公的個人認証サービス利用者クライアントソフト及びICカードリーダライタ等の電子申請利用環境が整っていること。
    (詳しくは、「公的個人認証サービスのご案内」をご覧ください。)
  • 川崎市電子申請システムの利用者登録を行っていること

2 転入届

  • 住民基本台帳カードによる転入手続きの特例は、全国の共通取扱時間である平日(月曜日~金曜日)午前9時00分から午後5時00分までとなりますので、あらかじめ御承知おき願います。
  • 新しい住所地の市区町村の窓口でマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを提示(暗証番号による照合を行ます。)し、転入届書を記載して提出してください。
  • 転出情報が、新しい住所地に市区町村に到達していないと転入手続を行えないので御注意ください。
  • 新しい住所に住み始めてから14日を過ぎてしまった場合は、この届出をすることはできません。返信用封筒に切手を貼ったものを同封して、転出証明書を請求してください。

3 申請窓口及び問合せ先のご案内

川崎区役所区民課 044-201-3113 (区役所総合案内)
大師支所区民センター 044-271-0130 (支所総合案内)
田島支所区民センター 044-322-1960 (支所総合案内)
幸区役所区民課 044-556-6666 (区役所総合案内)
中原区役所区民課 044-744-3113 (区役所総合案内)
高津区役所区民課 044-861-3113 (区役所総合案内)
宮前区役所区民課 044-856-3113 (区役所総合案内)
多摩区役所区民課 044-935-3113 (区役所総合案内)
麻生区役所区民課 044-965-5100 (区役所総合案内)
市民文化局戸籍住民サービス課 044-200-2259

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。