現在位置:

犬の登録と狂犬病予防注射について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年7月8日

平成26年度の狂犬病予防注射は、かかりつけやお近くの動物病院で必ず受けてください。

※川崎市では、屋外注射会場を設定しておりません。

 

  • 年間を通じて、注射済票交付動物病院では、鑑札及び狂犬病予防注射済票の即時交付が受けられます。交付については、犬の登録申請手数料3,000円及び済票交付手数料550円が必要です。
  • 注射済票交付動物病院以外の動物病院で注射を受けられた方は、区役所保健福祉センター衛生課で申請手続きをしてください。

狂犬病予防注射の料金については、各動物病院にお尋ねください。

受付時間

平日の8時30分~12時00分、13時00分~17時00分

必要なもの

動物病院で発行された「狂犬病予防注射済証
平成26年度狂犬病予防注射済票交付申請書
注射済票交付手数料 1頭 550円

  • 登録をしていない犬については、別途登録申請手数料(1頭 3,000円)が必要です。
  • 既に登録されている犬の飼い主の方には、郵送でお知らせします。
  • 交付された鑑札注射済票は必ず犬に着けてください。

犬の登録と狂犬病予防注射について

犬の登録

 生後90日を過ぎた犬は、生涯1回の登録が必要です。犬を飼い始めた方は、30日以内にお住まいの区の保健福祉センター衛生課で登録の申請をしてください。
 登録を済ませますと、犬鑑札が交付されます。

登録申請手数料

1頭につき 3,000円

狂犬病予防注射

 飼い犬には、毎年1回、狂犬病予防注射を受けさせなければなりません。
 狂犬病予防注射は、かかりつけやお近くの動物病院で受けてください。注射後は、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。
 狂犬病予防注射済票の交付は、区役所保健福祉センター衛生課のほか、注射済票交付動物病院での注射後に即時交付も受けられます。

狂犬病予防注射済票交付手数料

1頭につき 550円

狂犬病予防注射済票交付動物病院

鑑札と狂犬病予防注射済票

 鑑札と狂犬病予防注射済票は、必ず犬の首輪などに装着してください。これらは、犬の迷子札としての役目も果たします。

死亡届・変更届

 登録を受けた犬が死亡してしまった時や、飼い主が変わった場合、住所地が変わった場合など、登録事項に変更があった場合は手続が必要です。新しい住所地の狂犬病予防担当課(保健所など)に問い合わせのうえ、手続きをしてください。

鑑札・狂犬病予防注射済票の再交付

 鑑札又は狂犬病予防注射済票を紛失したり、き損した場合は、区役所保健福祉センター衛生課で手続きをして再交付を受けてください。

鑑札再交付手数料

1件につき 1,600円

狂犬病予防注射済票再交付手数料

1件につき 340円

受付窓口

・川崎区役所保健福祉センター衛生課

 〒210-8570 川崎市川崎区東田町8 電話:044-201-3223

・幸区役所保健福祉センター衛生課

  〒212-8570 川崎市幸区戸手本町1-11-1 電話:044-556-6682

・中原区役所保健福祉センター衛生課

 〒211-8570 川崎市中原区小杉町3-245 電話:044-744-3280

・高津区役所保健福祉センター衛生課

 〒213-8570 川崎市高津区下作延2-8-1 電話:044-861-3321

・宮前区役所保健福祉センター衛生課

 〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2-20-5 電話:044-856-3270

・多摩区役所保健福祉センター衛生課

 〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775-1 電話:044-935-3310

・麻生区役所保健福祉センター衛生課

 〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1 電話:044-965-5163

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局健康安全部生活衛生課 生活衛生担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1

電話:044-200-2447

ファクス:044-200-3927

メールアドレス:35seiei@city.kawasaki.jp