港町地区関連案件について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月1日

都市計画素案の概要について

計画区域周辺図


※画像をクリックすると拡大表示できます。

計画の目的

港町地区は、平成20年当時の総合計画である「川崎再生フロンティアプラン」において、広域的な地域連携を図るとともに、適切な土地利用の誘導と都市基盤の整備を推進する多摩川リバーサイド地区に位置付けられ、住宅や業務等からなる複合的土地利用を誘導する地区と定められております。

多摩川リバーサイド地区の一部を構成する港町地区では、大規模工場の土地利用転換の機会を捉え、土地の高度利用を図り、複合的な土地利用の誘導と良好な市街地環境の形成を目指すため、平成20年7月に都市計画として「港町地区地区計画」(再開発等促進区)を決定いたしました。

本案は、地区内の事業が順次完了し、当初想定していたまちづくりが完成したことから、その土地利用にふさわしい用途地域及び高度地区への変更を行います。

※現在の具体的な土地利用の規制内容を変更するものではございません。

具体的な都市計画の内容について(素案概要)

手続きの流れについて

手続きフロー図

※画像をクリックすると拡大表示できます。

素案の縦覧について

(1)期間

平成30年6月1日(金)から平成30年6月15日(金)まで

※都市計画課、川崎区役所は、閉庁日(土曜日・日曜日・祝日)を除く平日の午前8時30分から午後5時まで。

※川崎図書館は、平日の午前9時30分から午後7時まで及び土曜日・日曜日・祝日の午前9時30分から午後5時まで。なお、休館日がありますので御注意ください。

(2)場所

公聴会の開催について

 縦覧期間中に公述の申出があった場合には、市民の皆様の御意見をお聴きするため公聴会を開催いたします。都市計画素案について御意見のある方は、この公聴会で意見を述べることができます。なお、公述の申出がなく公聴会を中止する場合は、6月22日(金)頃までに市のホームページ等でお知らせいたします。

(1)日時

平成30年7月1日(日)午前10時から

(2)場所

川崎市立旭町小学校体育館(川崎市川崎区旭町2-2-1)

(3)公述の申出について

 公聴会での公述を希望される方は、公述意見の要旨及び住所・氏名等を記載した「公述申出書」を提出してください。

ア 公述人の資格

 公述できる方は、川崎市民及び利害関係人(川崎市内の土地に法律上の権利関係を有する方や法人等)です。

イ 申出期間

平成30年6月1日(金)から平成30年6月15日(金)まで

ウ 書式

 「氏名」、「住所」、「意見の要旨等」を御記入いただければ申出書の書式は自由ですが、参考書式は素案縦覧図書に備えているほか、下記添付ファイルからダウンロードできます。

エ 公述申出書の提出方法

 公述の申し出は、川崎市まちづくり局計画部都市計画課宛、公述申出書を持参もしくは郵送してください。(ファックスや電子メール等での受付は行っておりません。)

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市まちづくり局計画部都市計画課

※市役所宛の郵便物は、専用郵便番号(〒210-8577)を御使用の場合には、住所の記載を省略できます。

※公述の申し出が多数のときは、公述人を抽選で選定させていただきます。選定の結果は、公述の申し出をされた方にそれぞれ通知します。

今までの手続きについて

素案説明会の開催

平成30年5月31日(木)に川崎市立旭町小学校体育館にて開催しました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局計画部都市計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2711

ファクス:044-200-3969

メールアドレス:50tosike@city.kawasaki.jp