川崎大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月1日

メガソーラー写真(浮島)

メガソーラー写真(浮島)
※このページに使用されている素材は自由にお使いいただけます。ただし、使用の際には引用元の記載をお願いします。

事業概要

 川崎大規模太陽光発電所は、川崎市と東京電力ホールディングス株式会社外部サイトへリンクしますの共同事業で、川崎市の浮島と扇島の両地区で合計出力約2万kW(20メガワット)のメガソーラーです。

 浮島、扇島とも平成23年に営業運転を開始しました。

浮島太陽光発電所・扇島太陽光発電所の概要

浮島太陽光発電所


【所在地】川崎市川崎区浮島町
【受注者】株式会社東芝
【太陽光モジュールメーカー】シャープ株式会社
【発電所最大出力】7,000kW
【発電電力量(年間)】
 当初推定     約740万kWh、一般家庭 約2,100軒分
 平成24年度実績 約969万kWh、一般家庭 約2,900軒分
 平成25年度実績 約951万kWh、一般家庭 約2,900軒分
 平成26年度実績 約930万kWh、一般家庭 約3,000軒分
   ※平成26年度実績 一般家庭軒数は暫定値
【CO2排出削減量(年間)】
 当初推定     約3,100t、一般家庭 約600軒分
 平成24年度実績 約5,100t、一般家庭 約930軒分
 平成25年度実績 約5,100t、一般家庭 約940軒分
 平成26年度実績 約4,700t、一般家庭 約880軒分
  ※平成26年度実績 一般家庭軒数は暫定値
【敷地面積】約11ヘクタール(川崎市所有地)
【太陽光発電設備設置面積】約10ヘクタール
【太陽光モジュール使用枚数】37,926枚
【現地工事着工】平成22年4月
【営業運転開始】平成23年8月10日

扇島太陽光発電所

扇島太陽光発電所

【所在地】川崎市川崎区扇島
【受注者】株式会社日立製作所
【太陽光モジュールメーカー】京セラ株式会社
【発電所最大出力】13,000kW
【発電電力量(年間)】
 当初推定     約1,370万kWh、一般家庭 約3,800軒分
 平成24年度実績 約1,533万kWh、一般家庭 約4,600軒分
 平成25年度実績 約1,535万kWh、一般家庭 約4,700軒分
 平成26年度実績 約1,390万kWh、一般家庭 約4,500軒分
   ※平成26年度実績 一般家庭軒数は暫定値
【CO2排出削減量(年間)】
 当初推定     約5,800t、一般家庭 約1,100軒分
 平成24年度実績 約8,000t、一般家庭 約1,460軒分
 平成25年度実績 約8,200t、一般家庭 約1,520軒分
平成26年度実績 約7,000t、一般家庭 約1,310軒分
   ※平成26年度実績 一般家庭軒数は暫定値
【敷地面積】約23ヘクタール
      (東京電力ホールディングス(株)所有地)
【太陽光発電設備設置面積】約20ヘクタール
【太陽光モジュール使用枚数】63,792枚
【現地工事着工】平成22年4月
【営業運転開始】平成23年12月19日

※敷地面積 等々力陸上競技場サッカーグランドの約14面分(浮島)、約30面分(扇島)
※発電電力量やCO2排出削減量の一般家庭換算の値は、1軒当たりの電力使用量、CO₂排出量等を元に計算しています。

※平成26年度実績の一般家庭軒数は現時点で「家庭におけるCO2排出量(世帯あたり)」が平成25年度までのデータしか公表されていないため、積算には平成25年度データを使用し、暫定値として計算しています。

 メガソーラーの発電状況は、東京電力ホールディングス(株)のホームページ外部サイトへリンクしますでご確認いただけます。

川崎大規模太陽光発電所の概要

共同事業について

 川崎太陽光発電所の事業実施に関して、川崎市と東京電力ホールディングス(株)で役割を分担し、実施しています。川崎市の役割は、浮島の土地の提供と、PR施設であるかわさきエコ暮らし未来館の管理・運営により普及啓発を図ることです。東京電力ホールディングス(株)の役割は、2か所の発電所の建設・管理・運営を行うことです。メガソーラー事業は、公益性の高い事業であることから、共同事業として実施しています。

川崎市と東京電力の役割のイメージ図

川崎市と東京電力の役割のイメージ図

事業の経緯

 浮島1期廃棄物埋立処分地(浮島太陽光発電所建設地)は、ごみの焼却灰を埋め立てた土地で、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」によって、土地が浄化されるまでは建物の建築等が制限されていますが、土地の有効利用を多方面から検討した結果、この土地の浄化が終わるまでの暫定利用として、太陽光発電所を整備することを東京電力ホールディングス(株)に提案し、両者で合意、協定を締結し、川崎大規模太陽光発電所事業を実施しているところです。

 川崎市と東京電力ホールディングス(株)が合意して以降の経緯は、以下のとおりです。

平成20年10月20日

  • 資料(PDF形式, 77.51KB)

    川崎市と東京電力が、浮島、扇島のメガソーラー計画について共同で実施することを合意

平成21年12月3日

平成22年4月16日

メガソーラーの建設着工、起工式典開催

平成23年8月6日

かわさきエコ暮らし未来館外部サイトへリンクしますはメガソーラーをはじめとする再生可能エネルギーや地球温暖化、資源循環を中心とした体験型の環境学習施設です。

【過去の発電実績データ】

平成23年8月10日

平成23年12月19日

平成24年8月10日

平成24年12月19日

平成25年8月10日

平成25年12月19日

平成26年8月10日

発電所の見学

かわさきエコ暮らし未来館写真

 浮島太陽光発電所は、かわさきエコ暮らし未来館にお越しいただくと、見学することができます(予約制)。詳細は、かわさきエコ暮らし未来館へ直接お問い合わせください。
※扇島太陽光発電所は、見学することはできません。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2508

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp