スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

細王舎跡(記念碑)(さいおうしゃあと)(きねんひ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年12月27日

生活>食>農業

所在地

川崎市麻生区高石3-32

細王舎跡(記念碑)

細王舎跡(記念碑)

農機具メーカー「細王舎」工場跡地にたてられた石碑です。津久井道「高石歩道橋下」交差点の角にあり、工場跡地は現在、ガソリンスタンドとマンションになっています。「細王舎」は明治22年創業で、創業者は箕輪政次郎氏です。細山にて農蚕機械器具の発明改良製作に着手し、事業発展とともに現地に移り、2代目箕輪亥作氏により、農機具メーカーの元祖として神奈川を代表する工場に発展しました。なかでも、大正初期に開発された足踏脱穀機「ミノル式親玉号」の開発成功により、全国を席巻しました。戦後農業機械の大型化により、大手メーカーの参入で業績は悪化しますが、昭和35年に小松製作所と業務提携、小松部品株式会社(現在の小松ゼノア株式会社)となり、厚木市に移転しました。尚、「細王舎」の名の由来は、創業者夫妻の出身地、細山(生田村)と王禅寺(柿生村)の頭文字を合わせたものです。石碑は、先達の偉業を称え、元細王舎社主箕輪嘉夫と小松部品株式会社により昭和54年8月に建立されました。

一般公開 有

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp