宮前平駅前スペース「ここわ」

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年8月8日

活動内容

「ここわ」は、宮前平駅近くの建物の1室で、月曜日~金曜日の10:20~17:00にオープンしていて、障がいの有無に関わらず誰もがふらりと立ち寄れます。精神障がいを持つ人をはじめ、誰もが心地よく過ごせる居場所を作りたいという思いからできた場所で、さまざまな活動を行っています。
これらの活動は、年4回発行される「ここわだより」で詳しく見ることができます。

喫茶ここわ

利用する人の経済的な負担がかからないような低料金(50~100円)で、本格的な味の飲み物を提供しています。精神障がいを持つ人のほか、近所に住む常連さんや通りすがりに訪れる人もいるそうです。

喫茶メニュー。味は本格的です

喫茶メニュー。味は本格的です

昼食会

スタッフが腕によりをかけて作った食事が味わえます。2ヶ月に一度、手作りそばを提供しています。

各種講座

「ここわ体操」・「コーラス」・「書道」・「手芸(小物作り・編み物)」・「絵画」・「お菓子作り」・「食事作り」・「パソコン」などの講座を定期的に開催しており、ボランティアの講師から指導を受けられます。

講座の作品が展示されています。絵画の力作がズラリ

講座の作品が展示されています。絵画の力作がズラリ

その他行事

講演会やクリスマス会、ランチ後トーク(コンサート)など、地域の方にも参加してもらえるような行事を開催したり、区民祭などの外部行事に参加することも積極的に行っています。

設立のきっかけ

精神障がい者のボランティアグループ「ボランタス花の木会」が学習会として、調布にある「クッキングハウス」を見学したことが、開設のきっかけとなりました。「クッキングハウス」は、心の病気をした人たちが一緒に食事を作って食べ、語り合うことで、ひとりぼっちにならない、安心して自分らしさを取り戻せる居場所として開設されたところです。精神障がいを持つ人が自分の病気をオープンにし、生き生きと語る姿に心を動かされ、「宮前区にもぜひ、誰もが心地よく過ごせる居場所を作りたい」という思いが募り、「ボランタス花の木会」有志のほか、障がいを持つ当事者、「もくよう会(精神障がい者親の会)」の有志、地域の人々などが協力して、平成19年4月に「宮前平駅前スペース ここわ」が誕生しました。

代表に話をお聞きしました

 代表の小久保富久子さんのお話によると、「ここわ」の運営に携わっている役員は「もくよう会(精神障がい者親の会)」やボランティアの有志から10名。「ここわ」のオープン時間に入っているスタッフは15名。この方たちは、全てボランティアとして活動しているそうです。運営資金を確保するため、法人化をすることなども検討しましたが、法人の事務作業は役員にとって大きな負担になること、収益を追求する事業となっては開設当初の思いとは違った場になってしまうこと、また喫茶などの料金を値上げすると利用者に金銭的な負担を掛けてしまうことなどから、会員約200人からの会費や公的な助成金などで運営する任意団体「ここわ会」としてのスタイルを守っているそうです。「どうすれば運営資金が安定的に確保できるだろう、といつも悩みます。でも、『ここわ』が障がいの有無を問わず誰でも来て過ごせる場所であるのは、公的な障がい福祉サービスや地域活動支援センターと違い、市民ボランティアが運営している団体だからであり、それが私たちの活動の特徴だと思います」と、小久保さんは話されていました。

取材の日の風景

宮前平駅から程近い建物の一室。入ると、豆から入れたコーヒーのいい香りが漂ってきます。そこにいる1人ひとりが、くつろいで思い思いの時間を過ごしています。

誰もがゆったり過ごせる場です

誰もがゆったり過ごせる場です


取材に訪れた日は、初めは2人が別々のテーブルで静かに過ごしていましたが、そのうち来訪者が次々と増えて、空いていたテーブルがあっという間に埋まってしまいました。1日の利用者は、平均で15人前後とのこと。ひとりで何かの作業に打ち込む人。友人との語らいを楽しむ人。その中で、誰かのくちずさむ歌とギターが聞こえてきます。一見どれも違う過ごし方ですが、そこにいるどんな人の時間も邪魔をせず、それがとても居心地よいことを実感しました。

「ここわ」の活動に参加してみませんか?

「ここわ」では、精神障がいをはじめとする心の悩みがあっても、お互いを理解し合い自分らしさを見つけられる場を作っていこうとしています。スペースを利用してくださるのはもちろんのこと、会員として物心両面で場を一緒に作っていくお手伝いをしてくださる方を歓迎しています。まずは一度、ふらりと足を運んでみませんか?

団体概要

団体名

宮前平駅前スペース ここわ

活動場所

〒216-0006

宮前区宮前平1-10-17 ハウスボールリバー202

活動日時

月曜日~金曜日 10:20~17:00

連絡先

住所 上記と同じ
電話 044(853)7337
ファクス 電話と同じ
メール kokowam@live.jp

チラシ

参加のしかた

各種講座は、事前申し込み・参加費が必要。

喫茶の飲み物代は実費負担。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

宮前区役所 地域みまもり支援センター 地域ケア推進担当
〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2-20-5
電話:044-856-3281
ファクス:044-856-3237
メールアドレス:69keasui@city.kawasaki.jp