第180回みやまえロビーコンサート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2008年9月19日

日時

平成20年11月18日(火) 12時05分~12時45分

場所

宮前区役所2階ロビー

費用

無料(当日先着順)

出演

野毛 洋子:ボーカル/ピアノ
Clark Dean(クラーク ディーン):サックス

曲目

On the sunny side of the street ほか

出演者プロフィール

出演者・野毛洋子、クラークディーン

野毛 洋子:ボーカル/ピアノ

 大阪生まれ。高校時代に伝説のブルース・ギタリスト、エルモア・ジェイムスに出会い、ブルースにはまる。大学時代にヤマハ・ポプコンの関西地区特別賞を受賞。その後、ヨーコ・ブルースバンドを結成し、バンドコンテスト番組のハローヤングでグランプリを獲得し、ビクターから大阪弁で痴漢を歌ったブルース「おっさん、何するンや」でデビュー。アルバム「ヨーコ」を発表。84年に渡米し、ジャズ・ミー・ブルースを結成。99年にシカゴ・ブルース・フェスティバルに日本人女性として初めてバンドリーダーとして出演し注目を浴びた。その後、上海やポーランドのジャズフェスティバルにも出演、海外にも活躍の場を広げている。音楽活動のほか、日本経済新聞記者、シカゴ・アジアン・アメリカン・ジャズ・フェスティバルの運営、シカゴ姉妹都市委員会の大阪共同委員長を務めるなど、多様な顔を持つ。2005年にシカゴのコロンビア大学から活躍するアジア人女性を対象にした女性戦士賞を受賞。2006年有力新聞社、シカゴ・トリビューンがその年の最も活躍したアーティストに贈るシカゴアン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。2007年8月にはビクター・エンターテインメントからヨーコ・ブルースバンドの再販が決まった。

Clark Dean(クラーク ディーン):サックス

 シカゴ・ジャズ、ブルース界のベテラン。ソプラノ・サックスの澄んだ音色とメロディーの柔らかさに定評があり、ニューヨーク・タイムス紙のジャズ評論家、ジョン・ウィルソン氏が「まるで輝くミラーボールのように美しい」と絶賛した。シカゴのブルース・ピアノ大御所アーウィン・ヘルファーや、デンマーク・レコードの専属バンドであるサファイアなどと共演、レコーディングも数多い。野毛洋子と87年にJazz Me Bluesを結成、以来中心メンバーとして活躍を続ける。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部地域振興課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3125

ファクス:044-856-3280

メールアドレス:69tisin@city.kawasaki.jp