第183回みやまえロビーコンサート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2008年12月12日

日時

平成21年2月19日(木) 12時05分~12時45分

場所

宮前区役所2階ロビー

費用

無料(当日先着順)

出演

喜納 兼德(きな けんとく):ヴォーカル
八木 健一(やぎ けんいち):ハープ
八木 ゆみ子(やぎ ゆみこ):ピアノ/シンセサイザー

曲目

オール オブ ザ ナイト(『オペラ座の怪人』より) ほか

出演者プロフィール

出演者・喜納兼德
出演者・八木健一&八木ゆみ子

喜納 兼德:ヴォーカル

 沖縄県出身。東京芸術大学声楽科卒業後、劇団四季に入団する。以来30年間劇団四季に所属し、日本列島の12箇所ある四季専用舞台をはじめ、数多くのステージで公演。上品な物腰とすばらしい歌唱力・演技力の持ち主で、その魅力的な歌声は圧倒的な支持を受けている。『オペラ座の怪人』では主役以外すべての役を演じたと言えるほど、さまざまな役を演じた。芸術の香りの高い歌声で多様な役を演じわけ、全国のミュージカルファンから喝采を浴び続けた。2008年秋に劇団四季を退団、新たな道としてソロ活動を開始した。
 【出演作品】JCS/CATS/アスペクツ・オブ・ラブ/壁抜け男/オペラ座の怪人/オリバー!/嵐の中の子どもたち/人間になりたがった猫/オンディーヌ/エビータ/アルト・ハイデルベルク/アプローズ/どうぶつ会議/日曜はダメよ

八木 健一:ハープ

 東京生まれ。小学校6年生より、ノンペダルハープを始め、後にヨセフ・モルナール氏の薦めでペダルハープに転向。桐朋学園大学ディプロマコースに入学。ハープをヨセフ・モルナール師事。1985年にはオランダ南部の都市マーストリヒトで、元アムステルダムコンセルトヘボウ主席ハープ奏者のフィア・ベルクハウト女史のレッスンを受ける。桐朋在学中は、小澤征爾氏指揮桐朋学園オーケストラ演奏会に出演するなど、現在第一線で活躍している著名な音楽家と数多く共演、オペラ・バレエ・レコーディングなどで活動している。また、イスラエルで開かれた第2回世界ハープ会議、ウィーンで開かれた第3回ハープ会議、アムステルダムで開かれた第10回世界ハープ会議に参加。「国際ハープフェスティバル2008―草加市」では、恩師のモルナール先生の指名で開催を準備した。2007年3月10日に催された「東京大空襲を語り継ぐつどい」で、東京大空襲のためのオリジナル2曲を演奏し、2008年3月に「祈り・光へ」のCDを制作している。日本ハープ協会理事。

八木 ゆみ子:ピアノ/シンセサイザー

 東京生まれ。東京音楽大学器楽科・ピアノ専攻を卒業。卒業後、オーストリア・ウィーンにてエリカ・ディヒラー氏に師事。オーストリア・バーデンにて演奏会に出演。クラシックからポピュラージャズとアンサンブル中心にあらゆるジャンルで活動。小中学校での芸術鑑賞教室、プラネタリウムや美術館、秋篠宮様出席のレセプションなど全国各地で幅広く演奏している。また、ミュージックセラピーでは長野県軽井沢の病院コンサートや千葉県柏市の国立癌センター緩和ケアー病棟でのホスピス演奏、神奈川県平塚市高根台老人ホームでのコンサートなどにも積極的に参加し、2002年には第6回結核予防関係婦人団体中央講習会に招かれ演奏している。コンセプトとして「自然と人との調和」が感じられるような、みんなが楽しめて癒される音楽づくりを心がけている。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部地域振興課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3125

ファクス:044-856-3280

メールアドレス:69tisin@city.kawasaki.jp