現在位置:

第228回みやまえロビーコンサート~南米の音楽に乗ってコンドルはやってくる~

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年12月4日

今回のロビーコンサートは「巡回コンサート」と称して川崎市青少年の家で開催します!

日時

平成24年12月17日(月) 午後1時00分~2時00分

場所

川崎市青少年の家 プレイホール

費用

無料(当日先着順)

出演

カルロス(ギター)

リッキー(チャランゴ)

曲目

コンドルは飛んで行く

ラバンバ

花祭り/他

出演者プロフィール

カルロス

出演者・カルロス

ルイス・カルロス・セベリッチ(ヴォーカル・ギター・チャランゴ)
南米ボリビア、バージェグランデ生まれ。69年、グループロス・ライカスを結成。アルゼンチンを拠点に活動。爆発的人気を呼び、 LP9枚をリリース。
うち3枚を日本ビクターから発売。79年、アルゼンチンタンゴの巨匠、オズバド・プグリエーセ楽団と共演。ツアー活動で日本を縦断。 ロスアンジェルス、ニューヨークなどアメリカ各地でも公演し、この年、ゴールドディスク賞を受賞。83年ロス・ライカスから独立活動の場を日本に移し、 日本初のフォルクローレグループ「カンタティ」を結成。日本でのフォルクローレ演奏家の誕生に大きな影響を与える。
その後、現在のロス・トレス・アミーゴスのリーダーとして演奏活動を開始。数々の名曲を作詞、作曲、演奏。CD4枚をリリース。 日本全国でのコンサート、ライブの他学校コンサート等で本物のフォルクローレを紹介している。05年7月には新潟県見附市において、 震災復興支援チャリティーコンサートを行い、被災者の皆さんに大好評を得る。最近ではNHKBSふれあいホールで八代亜紀さんと 共演している他、スペイン語講座にもたびたび出演。

ソロとしてもTV.ラジオ、CMに数多く出演。また、日本音楽集団の委嘱により、尺八と琴のために「プヤ・ライムンディ」を作曲。 その才能は高く評価される。歌唱においてもサッカーキリンカップ、日本代表対ボリビア代表の試合で6万5千人を前に祖国の国歌を独唱したのを はじめ、コスタリカ、ホンジュラスとの親善試合においても両国の国歌を独唱。

 

リッキー

出演者:リッキー

1962年 ペルー・アルキーパ生まれ。
1979年 2人の弟と共に「ムソック・イリアリィ(新しい夜明け)」を結成。
1981年 ファーストアルバムをリリース。以後、多くの音楽祭で次々と賞を獲得。
     サン・アグスティン大学では芸術音楽の勉強に励み、1985年には、南米エクアドル、コロンビアでTV、ラジオで活躍。
1986年 来日、ルイス・カルロスと出会いデュオで活動開始。多数のコンサートやイベントに出演。
1988年 ルイス・カルロス・セベリッチ、ルイス・サルトールと共に、『ロス・トレス・アミーゴス』を結成。
1992年 NHK大河ドラマ「織田信長」にポルトガル人ペドロ役で出演し、ケーナを演奏。
     また、1994年より現在まで「NHK文化センター」でケーナ講師として、多数の生徒を指導している。
2001年 世界的チャランゴ奏者エルネスト・カブールの著書に、「優れたチャランゴ奏者」として
     リッキー・ロドリゲスの名前が紹介される。
2004年8月 世界的プロジェクト「ミサ・アンディーナ(アンデスのミサ)」にチャランゴ奏者として招かれ、
     ブエノス・アイレスでのレコーディングに参加。
2005年5月 同プロジェクトのフランスツアーに参加。
2006年8月 同プロジェクト南米ツアーに参加。
2007年3月 フランス及びペルーにて、70人の合唱団と共にコンサートツアーを公演。
2008年2月 ソロファースト・アルバム「チャランゴ イ ケーナ」をリリース。
2010年 フランス在住の2人の弟とともに大型客船地中海クルーズ内での演奏活動
2011年 ABC MART TV CM出演(CMイメージキャラクター「AKB48」篠田麻里子さん)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部地域振興課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3125

ファクス:044-856-3280

メールアドレス:69tisin@city.kawasaki.jp