現在位置:

【受付終了】「思い出し俳句で、生きがいづくり」

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年10月6日

【受付終了】楽しく脳トレ!やってみませんか?「思い出し俳句」

定員に達したため、募集を締め切りました。

ここから下は、参考情報です。

 

「思い出し俳句」は、記憶を呼び起こしながら俳句を作るという回想法です。

図書館の資料等を活用し、気軽に行うことができます。

基本から学びますので、俳句を作ったことがない方も、安心してご参加いただけます。

思い出し俳句を学び、楽しみながら認知症予防をしてみませんか。

この講座では、俳句を作るための知識だけでなく、思い出し俳句の会を運営する方法等も学びます。

期間

10月5日から11月9日までの毎週木曜日(但し11月2日は除く)

午後2時から午後4時まで

全5回

会場

宮前市民館他

第4回は野外学習です。行き先は受講者の皆さんの意見を踏まえて決めます。

対象・定員

関心のある方 20人(定員に達したため、受付終了しています。)

費用

無料。但し、第4回の野外学習では、公共交通機関を利用する場合があり、その際の交通費は自己負担となります。

内容

学習内容
日にち内容講師
 110月5日 オリエンテーション。講座全体の流れの説明。自己紹介。 宮前市民館職員 
 2 10月12日 思い出し俳句の基礎知識を学ぶ。 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター センター長 綿抜豊昭さん
 3

 10月19日

 思い出し俳句の基礎知識を学ぶ。 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター センター長 綿抜豊昭さん
 4 10月26日

講義:地域包括ケアシステムとは何か。 

野外学習:第2回、第3回で学んだ知識を用い、思い出し俳句作りを実践する。

この回では、宮前市民館で講義を受けた後、野外学習に出発します。

 講義:宮前区役所地域みまもり支援センター職員

野外学習:かわさきエフエム「関栄三子の今月の街歩き情報」担当 関栄三子さん

 5 11月9日 野外学習で作った俳句を発表する。講座全体を振り返り、自由な意見交換をする。今後の活動について話し合う。

 筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター センター長 綿抜豊昭さん

宮前市民館職員

申込み

受付終了しています。

8月15日午前10時から、電話か直接で受け付けます。先着順。

チラシ

「思い出し俳句で、生きがいづくり」受講者募集チラシ

宮前市民館周辺地図

お問合せ

宮前市民館

電話 044-888-3911

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部生涯学習支援課 (宮前市民館)

〒216-0006 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地4 宮前市民館内

電話:044-888-3911

ファクス:044-856-1436

メールアドレス:88miyasi@city.kawasaki.jp