スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

【定員に達しました】市民自主学級「宮前を知って歩いて楽しもう」 受講者募集!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年8月15日

【定員に達しました】市民自主学級「宮前を知って歩いて楽しもう」

宮前区は市内でも比較的自然に富み、歴史的な遺産も存在しますが、人口流入も多くそれらが失われつつあります。仲間とともに町の文化を知り、健康増進のために歩きながら現地見学をして、参加者同士で交流しながら楽しく学んでみませんか。全6回の内、2回は座学、それ以外は実際に現地を見学しながらお話を聞きます。

※第2回、第3回の講師については中平龍二郎氏を予定していましたが、都合により変更となりました。新しい講師についてはページ下部の表、もしくは添付のチラシをご覧ください。

※定員に達したため、受付けを終了しました。キャンセル待ちはお電話でのみ受付けています。

期間

9月1日、29日、10月6日、27日、11月17日、24日、12月1日の日曜日
10時~12時(但し第4回は9時~12時)、全6回
◆受付は9時30分~、9時40分から事務連絡、10時講義開始または出発

※11月24日のみ9時集合

会場

宮前市民館 4階第4会議室、3階視聴覚室 ほか

対象・定員

原則として毎回出席できる、関心のある方 30人

参加費

無料。但し、保険に関わる費用・資料代の実費として200円が必要

内容 ※第2回、第3回の講師については中平龍二郎氏を予定していましたが、都合により変更となりました。

学習内容
回 月日 内容 講師等 
1

9月1日(日)

【現地見学】

鷺沼遺跡を残した縄文人は消えた。次の出現は奈良時代。橘樹郡家を支えた人々はどこから来たか。

有馬入山・後谷戸・有馬台坂上から野川にかけて骨蔵器や古墳が集中。野川台の公園からは縄文土器が出土。矢上川の東の台地は『新編武蔵風土記稿』に記載がある。野川1号墳をみよう。

市教育委員会事務局文化財課

学芸員

新井 悟氏

2

9月29日(日)

【現地見学】

宮崎大塚から梶が谷、溝口宿をあるく。江戸後期に栄えた大山街道の歴史。文化人。経済人。

宮崎大塚。子育て地蔵。庚申塔。大石橋際の水騒動の舞台・名主丸屋。神仏分離令で神像を興林山宗隆寺に移して天照大神を祭神とした溝口神社。橘樹郡で初めての政談演説会を開催したという宗隆寺など。

高津シルバーガイドの会会長

佐藤 忠氏

10月6日(日)

【座学】

近代の宮前地区と交通。溝口を通過して、川崎を縦断するという「幻の武相中央鉄道計画」があった。

東急田園都市線の開通以前に、宮前地域に実際に鉄道が敷く計画は何度もなされていました。その中でも明治20年代に構想された武相中央鉄道計画を中心に、鉄道と宮前の地域社会との関わりを考える。

市民ミュージアム学芸員

日本近代史 博士(歴史学)

鈴木勇一郎氏

4 

11月17日(日)

【座学】

江戸末期から明治時代の宮前の人々は、どのような生活をしていただろうか。

当時の宮前地区の村々の生活や景観等を当時の資料を探りながらみていこう。NHKのブラタモリの中で「川崎を研究して30年」というナレーションで紹介された望月氏が語る、「川崎考」、「宮前考」。

県立歴史博物館学芸部長 

望月一樹氏

5

11月24日(日)

【現地見学】

※南武線久地駅9時集合

伊屋之免遺跡,稲荷塚古墳,緑ヶ丘霊園内の遺跡、東高根遺跡、下原遺跡、長尾鯉坂遺跡を回る

東高根遺跡には、弥生時代~古墳時代の100~150軒の竪穴住居址。集団を維持できる食糧があった。近くの長尾鯉坂遺跡では方形周溝墓。長尾下原遺跡からは縄文時代中期~古墳時代の遺構が出ている。

前市民ミュージアム・東京都埋蔵文化財センター

小薬一夫氏

6

12月1日(日)

【現地見学】

今年も橘樹郡家跡、野川神明社境内、影向寺南の民家の庭、影向寺を発掘。新しい発見は?

野川神明社境内から縄文時代の家跡、弥生時代の方形周溝墓や壺棺が、第3京浜から同じ頃の貝塚が発見されている。縄文時代前期には、神明社境内遺跡の周囲まで海岸がせまっていた。現在進行中の橘樹郡家跡、野川神明社境内、影向寺南の民家庭、影向寺の発掘から何がわかるか。

市教育委員会事務局文化財課

学芸員

栗田一生氏

申込み

8月15日10時から電話、直接来館、またはこちらのホームページから申込み。【先着順】

※定員に達したため、受付けを終了しました。キャンセル待ちはお電話でのみ受付けています。

チラシ

市民自主学級「宮前を知って歩いて楽しもう」チラシ

宮前市民館周辺地図

お問合せ

宮前市民館

電話 044-888-3911

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部生涯学習支援課 (宮前市民館)

〒216-0006 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地4 宮前市民館内

電話:044-888-3911

ファクス:044-856-1436

メールアドレス:88miyasi@city.kawasaki.jp