スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

多職種連携で高齢者の栄養改善 認知症と低栄養の関係

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年8月13日

「多職種連携で高齢者の栄養改善」研修会のご案内

高齢者に係る職種を対象に「栄養」をテーマにした研修会を開催します。

内容

低栄養状態が続くと免疫機能が低下し、感染症を引き起こしやすくなるばかりでなく、認知機能の低下、創傷治癒遅延となり、これらがいくつも重なると寝たきりの状態に陥る危険性が出てきます。

高齢者の食生活を多職種が見ていくことで、このような状況を早期に回避し改善できることが分かっています。区内施設や病院の栄養士と在宅に係る職種で一緒に考えていく研修会です。

(1)講演会「多職種連携で高齢者の栄養改善 ~認知症と低栄養の関係~」

 講師 社会福祉法人慶寿会 松林ケアセンター 管理栄養士 清水宏美氏

 講師 社会福祉法人慶寿会 松林ケアセンター 主任介護支援専門員 平本哲也氏

(2)グループワーク

 テーマ「各所属施設での低栄養予防の取組みについて」

対象

区内の高齢者福祉施設及び病院等に勤務する栄養士、包括支援センター職員、介護支援専門員、訪問看護師、訪問介護士等

日時

令和元年9月19日(木) 午後2時~4時30分

会場

宮前区役所1階 健診フロア 健診ホール

持ち物

名刺、筆記用具

費用

無料

お申込み

現在受付中です。先着50人。電話、ファックス、来所のいずれかで下記の連絡先までお申し込みください。ファックスの場合は、(1)研修名(2)氏名(3)所属施設名(4)職種(5)連絡先電話番号(5)ファックス番号 を記入しお送りください。

「多職種連携で高齢者の栄養改善」研修会チラシ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)地域支援課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2-20-5

電話:044-856-3264

ファクス:044-856-3237

メールアドレス:69sienta@city.kawasaki.jp