「ミミ・ケロ」について