現在位置:

いこいの家・乙女文楽交流公演のご案内

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月6日

受付中!いこいの家・乙女文楽交流公演のご案内

中原区・井田の地で、人形劇団ひとみ座乙女文楽の女性座員が50年伝承し続けている伝統人形芝居「乙女文楽」。中原区の市民提案型事業で中原区内3つのいこいの家にて上演します。入場無料ですので、ご近所の方はぜひ足をお運びください。

実施日時・会場
 日にち 時間 会場
2018年12月21日(金)午後1時30分~中丸子いこいの家 
2019年1月25日(金)午後1時30分~等々力いこいの家
2019年2月9日(土)午後1時30分~新城いこいの家

内容・対象など

演目:二人三番叟(ににんさんばそう)

出演:ひとみ座乙女文楽

対象:川崎市内にお住まいの60歳以上の方(新城はこども文化センター併設につき、子どもも可)

入場料:無料(定員50名)

申し込み・問い合わせ先

事前予約制です。定員になり次第締め切ります。

11月15日(木)10時から、原則電話で受付(ファクス・メールでも可)

【公益財団法人 現代人形劇センター】に直接、ご連絡ください。

電話044-777-2228 ファクス044-777-3570 メールasia@puppet.or.jp

ご案内チラシ

関連記事

乙女文楽が第1回川崎市地域文化財「無形文化財」に決定されました

 本市では、市教育委員会において、川崎市内で、市民生活、市民文化や地域風土に根ざして継承されてきた文化財を、「川崎市地域文化財」として顕彰及び記録することにより、文化財が人をつなぎ、地域を守り育むまちづくりに寄与することを目的とする川崎市地域文化財顕彰制度を平成29年12月に創設しています。

 平成30年3月1日から平成30年5月31日の期間で推薦募集を行い、このたび決定しました63件の地域文化財のうち、無形文化財として、「乙女文楽」が決定されました!

 制度や決定した文化財について、詳しくは、こちらのページ(市教育委員会文化財課所管)をご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 中原区役所保健福祉センター 地域みまもり支援センター 地域ケア推進担当

電話:044-744-3304