スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

【公開講座】「戦争の悲惨さといまわしい被ばく体験を語る」受講者募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月15日

戦争の悲惨さといまわしい被ばく体験を語る

1945年(昭和20年)8月6日、広島に原子爆弾が投下されました。大人でも、当時の話を聞いた経験がある方は少なくなってきています。講師の森政忠雄さんは、当時11歳で、爆心地から3.7キロメートル離れた学校で被ばくし、爆発の瞬間にオレンジ色の閃光とキノコ雲を目撃したそうです。あの時なにが起こったのか、おはなしを聞いてみませんか?

日程

令和2年1月29日(水)

時間

午後3時~午後4時30分

講師

川崎市折鶴の会 会長 森政 忠雄さん

会場

幸市民館

対象

小学4年生以上 30人(ぜひ、親子でもご参加ください)

受講料

無料

申込

12月18日(水)10時から幸市民館へ電話(044-541-3910)または来館にて【先着順】  お預かりした個人情報は、講座の目的以外に使用しません。

内容

講座チラシ

主催

川崎市教育委員会

お問い合わせ先

川崎市 幸区役所まちづくり推進部生涯学習支援課

〒212-0023 川崎市幸区戸手本町1丁目11番地2

電話:044-541-3910

ファクス:044-555-8224

メールアドレス:88saisi@city.kawasaki.jp