現在位置:

川崎市への「ふるさと納税」(川崎市ふるさと応援寄附金かわさき応援団のご案内)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月6日


 川崎市は人口150万人を突破し、特に若い世代に選ばれる都市として成長を続けている元気な街です。子どもたちや若者をはじめ、誰もが笑顔になれる、「最幸のまち かわさき」を目指し、さまざまな取組を進めています。
 「川崎市ふるさと応援寄附金」では生まれ育った地域や応援したい地域を、寄附金というかたちで応援していただく、「ふるさと寄附金制度」を活用し、本市出身の方をはじめ、全国の「かわさき応援団」皆さまからの寄附を募っております。
 皆さまの想いを、福祉や芸術・文化、環境をはじめさまざまな分野に活用させていただき、施策に反映させてまいりますので、応援をよろしくお願いいたします。

川崎市長

寄附の手続きについてはこちらをクリック!


寄附者の公表についてはこちらをクリック!


ふるさと寄附金制度とは

ふるさとに貢献や応援したいという納税者の想いを実現するため、応援したい自治体に対して寄附を行った場合に個人住民税及び所得税の一定額を軽減する制度です。本市へのふるさと納税は、地方自治法第96条第1項第9号に規定する「負担付きの寄附」としてではなく、「指定寄附」(寄附者が自らの寄附金について何らかの使途を希望し、市としてこれを尊重しつつ、各分野への配分を判断・活用させていだだくもの)としてお受けするものです。

記念品の贈呈について

10万円以上のご寄附をいただいた方には、感謝状と以下の「生田緑地関連グッズ」を贈呈します。

・「岡本太郎美術館」、「日本民家園」「かわさき宙と緑の科学館」招待券 各5枚

・「藤子・F・不二雄ミュージアム」のクリアファイル 5冊

「生田緑地のホームぺージ」はこちら外部サイトへリンクします

※各施設のホームページはこちらから各施設のページを選択してください。

 上記の記念品以外に寄附の選択メニューごとに別途記念品を用意している場合もあります。

寄附者が返礼品を受け取った場合の経済的利益は、所得税法上、一時所得に該当します。他の一時所得(懸賞や福引の賞金品、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金など)と合わせて、年間50万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。

詳しくは、国税庁のホームページ外部サイトへリンクしますをご覧ください。

寄附の使い道

寄附金の使いみちについて、次の1~29の選択メニューからいずれか1つをお選びいただけます。

●安全・安心

1.危機管理・防災対策の推進


市民の安全・安心を守るため、備蓄倉庫の整備など、危機管理・防災対策を推進します。

担当部署(1)

総務企画局危機管理室
電話 044(200)2794
ファクス 044(200)3972
メールアドレス 17kiki@city.kawasaki.jp

2. 消防力の総合的な強化 (平成30年度追加)


24時間365日災害対応で使用している消防の車両や資機材の整備等、総合的な消防力の向上に役立てます。

担当部署(2)

消防局総務部庶務課
電話 044(223)2511
ファクス 044(223)2520
メールアドレス 84syomu@city.kawasaki.jp

●福祉・こども支援・教育

3.長寿社会福祉の振興


市民が生きがいを持って安心して暮らせるよう、介護老人福祉施設を運営する社会福祉法人への貸付など、地域福祉の振興に取り組みます。

4.障害者福祉の向上

障害者の社会参加活動の援助など、障害者福祉の向上に取り組みます。

担当部署(3、4)

健康福祉局庶務課
電話 044(200)2616
ファクス 044(200)3925
メールアドレス 40syomu@city.kawasaki.jp

5. 頑張るこども・若者を応援する互助のまちづくりの推進 (平成30年度追加)


頑張る子ども・若者の更なる応援や、機会格差をなくす取組を充実させます。

6.総合的なこども支援の推進


安心して子どもを生み育てることができ、次代の社会を担う子どもが健やかに成長できる地域社会づくりに取り組みます。

7.災害遺児等の援護

交通事故や自然災害等により保護者が死亡又は重度障害になってしまった場合、その家庭の福祉の増進を図るため活用します。

担当部署(5、6、7)

こども未来局庶務課
電話 044(200)3175
ファクス 044(200)3190
メールアドレス 45syomu@city.kawasaki.jp

8.教育活動の充実


教育活動の充実や推進、図書館等の施設整備に取り組みます。

9.学校施設の整備・充実


安全・安心で快適な教育環境を整備するために、学校施設の整備・充実に取り組みます。

担当部署(8、9)

教育委員会事務局庶務課
電話 044(200)3261
ファクス 044(200)3950
メールアドレス 88syomu@city.kawasaki.jp

10. 日本民家園の古民家等の保存・整備の推進 (平成30年度追加)


日本民家園で実施する古民家の修繕・園路補修等に活用します。

担当部署(10)

川崎市立日本民家園
電話 044(922)2181
ファクス 044(934)8652
メールアドレス 88minka@city.kawasaki.jp

11. 青少年科学館のプラネタリウムや博物館資料の充実 (平成30年度追加)


青少年科学館(かわさき宙と緑の科学館)のプラネタリウムや自然に関わる博物館資料の充実などに活用します。

担当部署(11)

川崎市青少年科学館
電話 044(922)4731
ファクス 044(934)8659
メールアドレス 88kagaku@city.kawasaki.jp

●芸術・文化・スポーツ

12.「音楽のまち・かわさき」の推進


さまざまな地域の音楽資源を活用し、地域や産業の活性化につながる「音楽のまちづくり」に取り組みます。

13.「映像のまち・かわさき」の推進


市内の映像資源を活用し、地域の活性化、本市の魅力の発信など、映像を核としたまちづくりに取り組みます。

14.市民による文化活動の推進

市民を主体とした文化芸術活動の発展、推進に取り組みます。

15. 障害の有無に関わらず誰もが文化芸術に取り組める環境づくり (平成30年度追加)

絵画、音楽、舞台芸術などさまざまなジャンルの文化芸術を体験・発表する機会の創出など、障害のあるなしに関わらず誰もが文化芸術活動に親しめる環境づくりに活用し、2020年以降を見据えた共生社会の実現を目指します。

16.藤子・F・不二雄ミュージアムの充実


「ドラえもん」をはじめとする藤子・F・不二雄氏の作品を有効活用するため、ミュージアムの充実を図ります。

17.国際交流活動の推進

本市の一層の国際化を図るため、川崎市の特性を活かした国際交流活動に取り組みます。

18.「スポーツのまちづくり」の推進


マラソンなどのスポーツ大会開催、障害者スポーツの普及促進、川崎フロンターレなどのかわさきスポーツパートナーとの連携を通して、魅力あるまちづくりに取り組みます。

担当部署(12~18)

市民文化局庶務課
電話 044(200)2241
ファクス 044(200)3911
メールアドレス 25syomu@city.kawasaki.jp

19.等々力陸上競技場の整備


利用者や来場者の安全性、快適性の向上と、Jリーグや各種競技大会の円滑な進行を図るため、等々力陸上競技場の整備に取り組みます。

担当部署(19)

建設緑政局みどりの企画管理課
電話 044(200)2394
ファクス 044(200)3979
メールアドレス 53mikika@city.kawasaki.jp

●環境・公園・みどり

20.地球温暖化対策の推進


市民、事業者との協働による、CO2削減の取組や再生可能エネルギー等の導入の推進、環境技術による国際貢献など、地球温暖化対策の推進に取組みます。

担当部署(20)

環境局地球環境推進室
電話 044(200)2405
ファクス 044(200)3921
メールアドレス 30tisui@city.kawasaki.jp

21.夢見ヶ崎動物公園の飼育環境の充実


市民に元気と癒しを与えてくれる夢見ヶ崎動物公園の動物たちのえさ代など、飼育に役立てます。

22. 多摩川における豊かな河川空間の創出


市民共有の財産として、利用環境の向上など、より魅力的で豊かな多摩川の創出に取り組みます。

23. 公園緑地の整備・緑の創出


公園緑地の整備や、市民との協働による緑の創出と育成に取り組みます。

担当部署(21~23)

建設緑政局庶務課
電話 044(200)2786
ファクス 044(200)3973
メールアドレス 53syomu@city.kawasaki.jp

24. 動物愛護センターの動物等への支援


動物愛護センターに収容された犬や猫などのフードや飼育環境の充実、譲渡事業、ボランティア支援に活用します。

担当部署(24)

健康福祉局動物愛護センター
電話 044(766)2237
ファクス 044(798)2743
メールアドレス 40dobutu@city.kawasaki.jp

25.御幸公園の梅林の復活


 市制100周年に向けて、幸区の魅力であり資源でもある御幸公園の梅林を復活させるための植樹に活用します。

担当部署(25)

幸区役所総務課
電話 044(556)6645
ファクス 044(555)3130
メールアドレス 63soumu@city.kawasaki.jp

●都市拠点の整備・都市景観の形成

26. 都市の拠点機能の整備


活力あふれ暮らしやすい都市づくりをめざし、川崎駅や小杉駅をはじめとする拠点地区における都市計画事業や都市施設整備に取り組みます。

担当部署(26)

まちづくり局庶務課
電話 044(200)2940
ファクス 044(200)3967
メールアドレス 50syomu@city.kawasaki.jp

27. 景観ボードゲームの制作 (平成30年度追加)


川崎景観ボードゲームの制作等に活用します。子どもたちが楽しみながら景観を学べるよう、市内のこども文化センター等に配布します。申込時期についてはお問い合わせください。

担当部署(27)

まちづくり局景観担当
電話 044(200)3025
ファクス 044(200)3969
メールアドレス 50keikan@city.kawasaki.jp

●市民自治のまちづくり

28.区における地域のまちづくりの推進


区民の参加と協働により、地域の課題の解決や地域特性を活かしたまちづくりを推進します。

担当部署(28)

市民文化局庶務課
電話 044(200)2241
ファクス 044(200)3911
メールアドレス 25syomu@city.kawasaki.jp

●市長おまかせメニュー

29.市政全般

特にご希望がない場合は、市政全般に対する寄附とさせていただきます。

担当部署(29)

財政局庶務課
電話 044(200)2176
ファクス 044(200)3904
メールアドレス 23syomu@city.kawasaki.jp

問い合わせ先

寄附メニューについて

上記の各メニューの担当部署にお問い合わせください。

税控除について

川崎市財政局市民税管理課
電話 044(200)2228
ファクス 044(200)3907
メールアドレス 23simka@city.kawasaki.jp

その他制度全般について

川崎市財政局庶務課
電話 044(200)2176
ファクス 044(200)3904
メールアドレス 23syomu@city.kawasaki.jp

東日本大震災の被災地各自治体への寄附について

東日本大震災の被災地以外の出身の方でも、被災地の県や市町村へ寄附金を送ることができます。

詳しくは、総務省のホームページをご覧ください。
 http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu03_000012.html外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局財政部庶務課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2176

ファクス:044-200-3904

メールアドレス:23syomu@city.kawasaki.jp