社会的ひきこもり相談

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月20日

 川崎市精神保健福祉センターでは、「 社会的ひきこもり(あきらかな精神疾患によるものではない、ひきこもりの“状態”) 」でお悩みの、市内在住18歳以上のご本人やそのご家族の方からの相談を受け付けております。

 

 「ひきこもる」状態自体は決して悪いことではありません。

 -でも、その状況を「何とかしたいな」と思いましたら、ひとの力を借りることを試してみるのもひとつの方法かもしれません。

  どんなことができるかを一緒に考えていきたいと思っております。

  まずはご連絡ください。

電話:044-200-3246

平日 午前8時30分~午後12時00分、午後1時00分~午後5時00分

(年末年始を除く)

 

相談は予約制になります。(無料)

秘密は厳守いたします。

 

(*ご病気や障害、またご相談の内容によりましては、より適切な機関をご案内させていただく場合もあります。あらかじめご承知おきください)

 

〇メール相談

 「 社会的ひきこもり(あきらかな精神疾患によるものではない、ひきこもりの“状態”)  」につきまして、メールでの相談も可能です。

 詳しくはメール相談のページをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部精神保健福祉センター

〒210-0005 川崎市川崎区東田町8番地 パレール三井ビル12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-3246

ファクス:044-200-3974

メールアドレス:40seihoc@city.kawasaki.jp