スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

高津区地域自立支援協議会

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年6月8日

高津区地域自立支援協議会とは?

障害のある人もない人も、ともに安心して暮らす事のできるまちづくりのため、市民、事業者、行政が協働して、課題となることを話し合って解決を目指していくところです。

高津区地域自立支援協議会の特徴

活動状況

高津区地域自立支援協議会は、毎月1回、原則第4火曜日の午後に高津区内の当事者、障害者の支援機関などを中心に活動しています。平成26年度は、19事業所30人のメンバーで構成されています。     

具体的な活動内容

協議会メンバーが感じている課題や困り感、支援の参考になる情報などを共有していく全体会議と、課題別の各委員会・係で活動しています。

1 メンバー全員で共有する時間

協議会構成員で制度や課題の解決方法などの情報を共有したり、協議会活動を広く知っていただくための取り組みについて協議しています。

2 小グループ活動で課題の解決を深めていく時間

協議会構成員から高津区で暮らしている当事者の方の生活のしづらさについて、困り感や支援に対する課題の報告を受け、解決・改善するための方策を構成員で検討・共有し当事者のよりよい生活の支援につながるようつとめています。

平成26年度は相談支援、ボランティア育成、課題整理の委員会と交流企画係、広報係を設置し、それぞれの課題を協議しています。

各委員会・係活動紹介

相談支援委員会

平成23年度から実施している高津区地域自立支援協議会5か年計画の考えのもと、相談支援委員会では平成28年度の目標として、「行政の仕組みに限定しない区の相談支援のあり方を示す」とし、平成23年・24年は川崎市から提示された相談支援再編計画を確認しながら、高津区の実情に沿った相談支援体制について議論をしました。

相談支援の対象が3障害・児童・難病と広がり、年齢・障害種別に関わらずコーディネートすることが大事であり、各ライフステージに焦点を当てた課題整理、それにあった制度・資源・情報を取りまとめ、高津区支援ブック作成を目指すこととなり、平成26年9月に高津区支援ブックを作成しました。

 

ボランティア育成委員会

ボランティア育成委員会では、高津区民の経験を生かしたまちづくりを目指しています。障害の有無や年齢、性別にかかわらずできることを「ちょこっと」持ち寄り、助け合い、支えあえるそんなまちになればとの思いから、委員会を立ち上げて活動しています。

課題整理委員会

高津区で開催される地域自立支援協議会の中で話題となる地域の課題を抽出し、区で解決できるもの、市全体で解決を目指すものを整理しながら、地域全体で課題の解決に向けた取り組みについて検討・調整しています。

交流企画係

福祉、教育、地域の連携をはかり、当事者及び家族の方たちの思いを地域に発信し、インクルーシブな地域づくりを目指す活動をしています。高津区まちづくり協議会の‘高津学’という講座で‘福祉のまちづくり交流会’の企画や、介護支援専門員交流会に参加しています。

広報係

年間を通して高津区地域自立支援協議会の活動内容をわかりやすくホームページに掲載し、必要としている情報や、事業所の紹介、交流会の案内などを作成しお知らせしています。

高津区地域自立支援協議会広報紙

たかつくる

協議会参加事業所

高津区地域自立支援協議会参加事業所一覧(PDF)

高津区地域自立支援協議会参加事業所一覧(Word)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)高齢・障害課

〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号

電話:044-861-3252

ファクス:044-861-3249

メールアドレス:67kourei@city.kawasaki.jp