多摩区地域防災計画

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年12月27日

防災計画の目的

地震や台風等災害が起きた際には、行政は全力を持って、住民の方々の生命や財産を守るために、救助活動や復旧活動に従事します。

しかしながら、行政の「公助」には限界があり、災害時には住民の一人ひとりが自らの命を守る「自助」や、隣近所の地域でお互いを助けあう「共助」の取組が重要となります。

そのため、家庭内における備蓄や家具の転倒防止の推進や、地域における防災訓練の実施等、日頃から実践に備えておくことが非常に重要となります。

このことから、多摩区では住民にとって身近な災害予防、災害応急対策を定めた、「多摩区地域防災計画」を作成しました。これを基に、住民の防災意識の向上を図り、「自助」「共助」の推進をもって地域防災力を強化することで、安全・安心な生活環境の整備を図ることを目的とします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 多摩区役所危機管理担当

〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775番地1

電話:044-935-3146

ファクス:044-935-3391

メールアドレス:71kikika@city.kawasaki.jp