スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

新型コロナウイルス感染症対策として本市が備蓄するマスクを医療機関及び児童施設へ配布します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月13日

コンテンツ番号115961

発表日

令和2年(2020年)3月13日

概要

新型コロナウイルス感染症の流行等により、マスクの調達が困難になっている状況にあり、医療機関や児童施設においても在庫の不足が生じています。
川崎市では市役所の業務継続に必要な最低限のマスクの所要数を確保しつつ、これらの施設に対して、本市の備蓄から配布を行うことを第7回川崎市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において決定しましたのでお知らせします。
なお、今回配布するマスクについては、新型インフルエンザ等の流行時に備え、市役所の業務継続を目的として備蓄しているものです。これは、新型インフルエンザ等がまん延した際においても、必要最低限の行政活動を行えるよう、職員が着用及び使用することを想定した備蓄であり、原則として市民や他機関等への配布は想定していないものですが、緊急的な対策として配布することとしました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局危機管理室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2890

ファクス:044-200-3972

メールアドレス:17kiki@city.kawasaki.jp