現在位置:

「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン」を策定しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月9日

発表日

平成29年(2017年)11月9日

概要

 川崎市では、多文化共生社会を実現するための施策を進めるとともに、川崎市人権施策推進基本計画においても「あらゆる差別の撤廃と人権侵害の防止」を基本理念の一つに掲げ、差別や偏見のない社会の実現に向けて取り組んできました。
 このような中で、ヘイトスピーチによる市民の被害を防止するため、市が所管する公的施設において、ヘイトスピーチが行われないよう対処する必要があることから、このたび、パブリックコメント手続を実施の上、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」を策定しました。なお、施行日については、策定・公表の日から起算して6月を超えない範囲内を予定しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室 外国人市民施策担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2369

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp