現在位置:

「街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界」展を開催します!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年7月10日

発表日

平成30年(2018年)7月10日

概要

 岡本太郎美術館では、夏の企画展として「街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界」展を開催します。
 本展は、日本万国博覧会テーマ館《太陽の塔》のリニューアルを記念して、岡本が生涯を通じて社会に打ち出したパブリック作品を俯瞰するものです。会場にはモザイクタイルを使った初期の作品から大阪・千里の《太陽の塔》、東京・渋谷の《明日の神話》をはじめとする全国津々浦々に創られた作品を、その原型、原画、スケッチ、写真等で紹介します。場との迎合を否定し、対立することでお互いの個性を生かすという岡本の作品に込められた思いと、社会に打ち出されたメッセージを知る機会となることを願っています。

報道発表資料

1 会場    川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
2 会期    平成30年7月14日(土) ~ 9月24日(月・祝)
3 休館日   月曜日(7月16日、9月17日、9月24日を除く)、7月17日、9月18日
4 主催    川崎市岡本太郎美術館
5 協力     岡本太郎記念館、株式会社大和証券グループ本社、髙島屋史料
         館、日本工業大学先進工学部情報メディア学科、東京藝術大学
         バシェ音響彫刻修復プロジェクト、バシェ協会、有限会社デジアート
6 観 覧 料   一般900(720)円、 高・大学生・65歳以上700(560)円
          ( )内は20名以上の団体料金  中学生以下は無料
7 同時開催   常設展「岡本太郎とからだ」展 
          平成30年7月5日(木) ~ 9月24日(月・祝)
8 関連イベント  
 【高田みどり・バシェ音響彫刻コンサート】
   打楽器奏者 高田みどりによるバシェ音響彫刻・勝原フォーンを
   使ったソロ・コンサート
    日時:7月22日(日) 午後3時~午後4時             
    場所:企画展示室
    出演者:高田みどり(打楽器奏者・作曲家・舞台芸術家)  
    料金:観覧料のみ

  【永田砂知子・バシェ音響彫刻コンサート】
   打楽器奏者 永田砂知子によるバシェ音響彫刻・勝原フォーンを
   使ったソロ・コンサート
    日時:7月29日(日) 午後3時~午後4時             
    場所:企画展示室
    出演者:永田砂知子(打楽器奏者・即興演奏家)      
    料金:観覧料のみ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室岡本太郎美術館

〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5

電話:044-900-9898

ファクス:044-900-9966

メールアドレス:25okamoto@city.kawasaki.jp