現在位置:

在宅介護支援現場で、高齢者との対話の改善に向けた実証実験をスタート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年6月21日

発表日

平成29年(2017年)6月21日

概要

ベンチャー企業と市内で在宅介護支援を行う事業所との共創型プロジェクトによる、政令市規模では全国初の「高齢者との対話の改善」に向けた実証実験を川崎市にてスタートします。

1.実証実験実施の背景と目的
・軽度・中程度難聴者の補聴器所有率がわずか14%という統計データがある中、超高齢社会が進んでいくうえで、加齢による聴力の低下は、社会との関係への疎遠につながることが懸念されています。
・実証実験では、難聴の高齢者に話し手側から作り出す「聞き取りやすい音や声」を提供することより、聞き手側の負担なくコミュニケーションの改善を期待するものです。
・本市の進めるウェルフェアイノベーションプロジェクトとして、対話の改善による川崎発の「新たな自立支援社会モデル」の構築を目指していくものです。

2.実証実験で使用するコミュニケーション支援機器
製品名:comuoon mobile(コミューンモバイル)
製造者:ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(東京都港区)
特 徴:
1.難聴者側が補聴器を装用するのではなく、話し手側で難聴者が聞き取りやすい音や声を作り出すことで改善します。
2.軽度から中度難聴者(25〜69db程度)であれば、補聴器を装用せずに、「聴こえ」を改善することが可能です(個人差があります)。

3.実証実験の方法・場所及びスケジュールについて
(1)実証実験の方法
・在宅介護事業所スタッフが、難聴の在宅高齢者約30名(予定)に機器を使用します。
・試用の結果、コミュニケーションがスムーズになった方の割合や、機器利用により新たな価値として生まれたストーリー(コト)を収集します。
(2)実証先の介護事業所
社会福祉法人照陽会 みんなと暮らす町地域包括支援センター、居宅介護支援センター(幸区東古市場)
株式会社ケアネット 川崎サービスセンター(中原区上小田中)
社会福祉法人一廣会 金井原苑(麻生区片平)
※実証先は、川崎市生活支援機器・施設内支援機器等モニター評価等支援登録事業所から選出しています。
(3)実証実験期間
 各事業所で、平成29年6月21日から9月下旬までの間の約3ヶ月間を予定しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局次世代産業推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3226

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28ziseda@city.kawasaki.jp