現在位置:

聴こえのバリアを乗り越える新たなプラネタリウム鑑賞の実証実験参加者を募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年8月22日

発表日

平成29年(2017年)8月22日

概要

 ウェルフェアイノベーションの企業間共創型プロジェクトにより、音声言語を文字言語化する最新機器とスマートグラスを組み合わせた全国初のプラネタリウムでの実証実験を川崎市にて実施します。

 音声言語を文字言語化するLiveTalk(KIS認証製品)(株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ:川崎市)と、スマートグラスMOVERIO(セイコーエプソン株式会社:長野県諏訪市)の企業間共創プロジェクトにより、最新技術を搭載した新たなコミュニケーションツールによるプラネタリウム鑑賞での実証実験を実施します。実証実験は、かわさき宙と緑の科学館(青少年科学館)内プラネタリウムをモデルフィールドとして実施します。LiveTalkで文字言語化されたプラネタリウム館内での生解説の音声言語情報を、スマートグラスMOVERIOに映し出すことで、宇宙の星空を見ながら、生解説の言葉をテキストで確認する事ができるようになります。実証を通じて、聴覚障害の有無に関わらず、音声言語を文字言語化して情報を提供する新たなコミュニケーションツール活用での価値を生み出すとともに、他の分野への活用への広がりも期待しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局次世代産業推進室 ウェルフェアイノベーション担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3226

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28ziseda@city.kawasaki.jp