現在位置:

より良い大気環境と作業環境改善につながる共同研究を開始しました!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年5月8日

発表日

平成30年(2018年)5月8日

概要

 川崎市では、多様化、複雑化する環境課題に対応するため、企業、大学、研究機関等と連携した共同研究事業(環境技術産学公民連携共同研究事業)に取り組んでおり、このたび、光明理化学工業株式会社(高津区下野毛)と覚書を締結し、共同研究を開始しましたのでお知らせします。
 光明理化学工業は、川崎市内に本社を置くガス検知管のトップメーカーであり、今回の研究は、義務化されている事業所のリスクアセスメントに関して、ガス検知管を用いた低コスト・短時間・簡易な自主管理手法の確立を目指します。
 多くの事業者の自主管理を促し、化学物質の適正管理を推進することで、大気環境と作業環境の更なる改善等につながるよう、本市の環境測定のノウハウも活かしつつ、本共同研究を推進していきます。

関連ページ

環境技術産学公民連携共同研究事業に関するページです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境総合研究所都市環境課

〒210-0821 川崎市川崎区殿町3-25-13 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)3階

電話:044-276-8964

ファクス:044-288-3156

メールアドレス:30sotosi@city.kawasaki.jp