スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

『食とくらしがつくる地球の未来 みんなでいっしょに考えよう 夏休みチャレンジ2019』 今年度も体験型環境教育プログラムを企業等と連携して実施します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月9日

発表日

令和元年(2019年)5月9日

概要

川崎市は、「食とくらしのサステナブル・ライフスタイル研究会」(以下、研究会)と共同で、2015年から環境課題の解決に向けた実践(行動変容)をテーマに研究してまいりました。
これまでの研究を踏まえ、未来を担う子どもたちとその保護者を対象に、毎日の食やくらしの中で、常に環境に配慮した選択と行動をとってもらおうと、2016年度に「体験型環境教育プログラム」を開発し、継続して実施してきました。今年度も7月20日~8月24日の間の3日間、本プログラムを実施いたします。
川崎市と研究会は、このプログラムを通じて、子どもたちが家族や地域とともに、身近な環境課題に気づき、毎日の自分の暮らしとのつながりを考えることで、「自分のライフスタイル」を見直し、未来の心豊かな暮らしの実現につなげていってもらいたいと考えています。

関連ページ

区役所等に配架する応募用紙のほか、こちらのウェブサイトからもお申し込みいただけます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3871

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp