スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

かわさき環境エネルギーセミナーを開催します!「これからどうする?太陽光 ~固定価格買取期間満了後の住宅用太陽光発電について~」 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年7月4日

発表日

令和元年(2019年)7月4日

概要

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)は、再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束するもので、住宅用太陽光発電設備(10kW以下)については、10年間の買取期間が設定されており、本年11月以降、順次、この10年間の買取期間の満了を迎えることから、「2019年問題」や「卒FIT問題」と呼ばれています。
 こうした中で、買取期間の満了を迎える皆様に対応を検討する参考としていただくため、NPO法人日本住宅性能検査協会 再生可能エネルギー総合研究所 所長の北村稔和氏を講師にお迎えして、固定価格買取制度の買取期間の満了とその対応(「自家消費」または「相対・自由契約で余剰電力を売電」)、自家消費のための機器導入(HEMS・蓄電池等)、今後の太陽光発電設備の維持・管理について紹介するセミナーを開催します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局地球環境推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3873

ファクス:044-200-3921

メールアドレス:30tisui@city.kawasaki.jp