スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「西加瀬地区における大規模工場跡地の土地利用誘導の基本的な考え方」を策定しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年3月25日

発表日

平成31年(2019年)3月25日

概要

 中原区西加瀬にある三菱ふそうトラック・バス(株)の工場敷地(約10ヘクタール)が、工場機能の再編整備に伴い大和ハウス工業(株)に売却され、今後、大規模な土地利用転換が図られることとなります。
 本市の都市計画マスタープランでは、当該地は産業高度化エリアに位置付けられており、地域と調和する都市型工業地の形成や大規模な土地利用に際しては計画的な土地利用を誘導することが示されています。
 このことから、このたびの民間の土地利用転換のタイミングを的確に捉え、都市計画手法の活用などにより、地域課題等に対応した都市機能や都市基盤を適切に誘導するため、「西加瀬地区における大規模工場跡地の土地利用誘導の基本的な考え方」を策定しました。
 今後は、土地利用誘導の基本的な考え方に基づき、事業者と詳細な協議を行うとともに、周辺住民等に対して適切な対応が図られるよう調整を行っていきます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局市街地整備部地域整備推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3804

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50tisei@city.kawasaki.jp