現在位置:

夢見ヶ崎動物公園における鳥類の展示を再開します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年2月5日

発表日

平成30年(2018年)2月5日

概要

平成30年1月5日(金)に東京都大田区で回収されたオオタカ1羽の死亡個体からA型鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受けまして、本公園では、平成30年1月11日(木)から鳥類の展示休止等の対策を実施してまいりました。
その後、展示鳥類での感染を疑う事例の発生はなく、また、周辺での新たな鳥インフルエンザの発生もなかったことから、本日(2月5日)から鳥類の展示を再開いたしますので、お知らせします。
なお、鶏舎、キジ舎及びインコ舎のビニールシート等での被覆及び来園者の靴底消毒等の対策は、引き続き継続してまいりますので、来園者の皆様の御協力をお願い申し上げます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部夢見ヶ崎動物公園

〒212-0055 川崎市幸区南加瀬1-2-1

電話:044-588-4030

ファクス:044-588-4043

メールアドレス:53yumemi@city.kawasaki.jp