スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

河川等を実証フィールドとして提供します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年7月17日

発表日

令和元年(2019年)7月17日

概要

 川崎市では、近年、頻発化している集中豪雨による河川の氾濫などの災害に対し、ICT等を活用した総合的な治水、浸水対策を推進するため、ライブカメラの設置やドローンを活用した測量など、水位や水位予測情報の提供及び効果的な施設点検などに資する新しい製品・技術開発の現場実証に必要となるフィールド(河川等)を市内では初めて提供します。
 この取組により、例えばカメラが設置された場合は、市でも河川の状況がリアルタイムに把握でき、また、時間毎の河川水位などのデータが取得できることから、今後の施策の策定における参考として活用してまいります。

関連ページ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局総務部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク17階

電話:044-200-2706

ファクス:044-200-3973

メールアドレス:53kikaku@city.kawasaki.jp