現在位置:

「平成29年度 首都直下地震防災訓練(実働訓練)」を実施します。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月7日

発表日

平成29年(2017年)11月7日

概要

 川崎港東扇島地区の東京湾臨海部広域防災拠点は、平時は「東扇島東公園」として多くの市民に親しまれておりますが、首都直下地震等の大規模かつ広域的な災害が発生した際には、海上輸送を中心とした緊急物資等の集積、荷さばき、分配、一時保管や警察、消防、自衛隊等の広域支援部隊の活動拠点として機能するとともに、拠点内の「首都圏臨海防災センター」は、津波警報発表時等の本市の津波避難施設となっております。
 本訓練では、東扇島防災拠点等の応急復旧、道路・河川の応急復旧訓練(荒川河川敷等)と連動した緊急物資水上輸送、ヘリコプターによる緊急物資輸送訓練など大規模災害発生に備えた実働訓練です。
 また、今回初参加となる一般社団法人海洋調査協会がドローンを利用して被災状況把握訓練を実施します。

関連ページ

 今回の防災訓練の詳細が掲載されております。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 港湾局港湾振興部庶務課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク20階

電話:044-200-3049

ファクス:044-200-3981

メールアドレス:58syomu@city.kawasaki.jp