スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

大陽日酸株式会社による『川崎臨海部でのCO2フリー水素充填システム構築に向けた取組』が始まります

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年3月12日

発表日

平成31年(2019年)3月12日

概要

 大陽日酸株式会社が、川崎水江事業所(川崎市川崎区水江町3-3)において、太陽光発電による再生可能エネルギーを活用して水素を製造し、事業所内において燃料電池フォークリフトで活用する、事業所内での一貫したシステム構築を行うこととなりました。
 本日、大陽日酸株式会社により、当該システムの設置に関して環境省の補助採択を受けたことについて、プレスリリースがありましたので、お知らせいたします。
 川崎市では、平成27年3月に「水素社会実現に向けた川崎水素戦略」(以下、「川崎水素戦略」という。)を策定し、水素エネルギーの積極的な導入と利活用による「未来型環境・産業都市」の実現を目指して、水素・燃料電池に関するリーディングプロジェクトを創出・推進しています。
 今後、この事業を川崎水素戦略のリーディングプロジェクトに位置付け、事業の推進支援や社会認知度向上など、連携した取組を進めることで、川崎臨海部における水素供給体制の構築や燃料電池フォークリフトの普及など、水素社会の実現に向けた取組拡大に繋げてまいります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 臨海部国際戦略本部臨海部事業推進部

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3822

ファクス:044-200-3540

メールアドレス:59jigyo@city.kawasaki.jp