スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」を契機にしたプロジェクトがNEDO公募事業に採択されました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年9月9日

発表日

令和元年(2019年)9月9日

概要

本市と東京工業大学、川崎市産業振興財団は、共同実施する「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」の一環として、「中分子創薬に関わる次世代産業研究会(IMD2)」を立ち上げ、川崎市域に集積する異分野技術を融合・結合することにより中分子創薬における革新的なバリューチェーンを作り出すことを目指しています。
このたび、研究会の会員企業である株式会社AIメディカルサービス(東京都豊島区、代表取締役:多田智裕)と学校法人聖マリアンナ医科大学などの市内病院による「人工知能を用いた胃がん内視鏡画像読影支援システムの構築と海外遠隔診断への展開」プロジェクトが、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した2019年度「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」の助成事業に採択されました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 臨海部国際戦略本部国際戦略推進部

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3633

ファクス:044-200-3540

メールアドレス:59kokuse@city.kawasaki.jp