スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

写真展「THIS IS ALS IN KAWASAKI~難病ALS患者からのメッセージ~」を開催します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月15日

発表日

令和元年(2019年)10月15日

概要

 川崎市では、私たちの意識や社会環境の中にあるバリアを取り除き、誰もが暮らしやすいまちづくりに向けた「かわさきパラムーブメント」を進めています。

運動神経が壊れ、呼吸器なども含めて体中の筋肉が動かなくなっていく難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」。写真家 武本花奈氏は、たくさんのALS患者と出会い、動かなくなっていく身体の中に閉じ込められている彼らの声を聴き、命のきらめきと患者さんの生き様を作品にしてきました。

そんな武本氏がこの取組をはじめるきっかけとなったALS患者 藤元健二氏の出身地である幸区で写真展を開催します。

第1期開催期間中には、写真家 武本花奈氏によるトークショー及びミニ・ボッチャ体験も開催します。

報道発表資料

写真展「THIS IS ALS IN KAWASAKI~難病ALS患者からのメッセージ~」を開催します

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 幸区役所まちづくり推進部地域振興課

〒212-8570 川崎市幸区戸手本町1丁目11番地1

電話:044-556-6606

ファクス:044-555-3130

メールアドレス:63tisin@city.kawasaki.jp