スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

全国瞬時警報システム(J-ALERT)の全国一斉情報伝達試験について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年5月19日

コンテンツ番号128797

令和3年5月19日午前11時00分に、国(総務省消防庁及び内閣官房)において、全国瞬時警報システム(J-ALERT)を用いた全国一斉情報伝達試験が行われました。

川崎市におきましても試験情報を受信し、防災行政無線が正常に自動起動することを確認しております。

全国瞬時警報システム(Jアラート)について

全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を人工衛星及び地上回線を用いて国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、防災行政無線等を自動起動することにより、国から直接住民の方々に対し瞬時に伝達するシステムです。

川崎市でも、このような緊急情報が国から送信された際は、全国瞬時警報システム(Jアラート)により、防災行政無線、市施設(市役所庁舎、区役所庁舎、市民館、図書館、市立小・中学校、保育所、福祉施設 等)の館内放送と自動連動し、放送することとしております。

全国一斉情報伝達試験の結果について

全国瞬時警報システム(Jアラート)の仕組みを使用し、緊急の情報をお伝えする際は、原則としてサイレンを使用した注意喚起が実施されますが、年に3~4回実施される全国瞬時警報システム全国一斉情報伝達試験では、サイレンは使用されず、「これは、Jアラートのテストです。」という音声が伝達されます。

川崎市では、通常使用中の多くの施設で放送されること、実際の緊急情報とは全く異なる音声が放送されること等から、全国一斉情報伝達試験では全ての施設との調整完了をもって、音声放送をすることとしております。

関連記事

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局危機管理室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2856

ファクス:044-200-3972

メールアドレス:17kiki@city.kawasaki.jp