スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

リオパラリンピック大会の報告!成田真由美選手と山口貴久選手が登場!(かわさきパラムーブメントシンポジウム開催)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月13日

コンテンツ番号84357

パラアスリートたちが、社会を進化させる

川崎市では、東京オリンピック・パラリンピックに向けて「かわさきパラムーブメント」をメインコンセプトに掲げ幅広い取組を進めています。
今回のシンポジウムでは、リオデジャネイロ・パラリンピックに出場したパラリンピアンたちによる報告や、それぞれの競技とのかかわり方などについてお話をうかがいながら、今後のかわさきパラムーブメントのビジョンを探っていきます。

かわさきパラムーブメントについて

川崎市は、多くの人が2020年のオリンピック・パラリンピックに注目するこの機会に、障害のある人が生き生きと暮らす上での障壁となっている、私たちの意識や社会環境のバリアを取り除くことや、新しい技術でこれらの課題に立ち向かうことを「ムーブメント」として展開し、東京2020大会に向けて、そして、2024年の市制100周年へとつなげていきます。

申込みのリンクです

申込みはこちらからできます。(申込みは終了しました)

シンポジウム概要

名称

かわさきパラムーブメント シンポジウム

日時

平成28年12月1日(木)
午後2時30分(開場2時)から5時(予定)

会場

川崎市産業振興会館 1階ホール(幸区堀川町66-20)
JR川崎駅西口から徒歩8分、京急川崎駅から徒歩7分

内容

第1部・第2部の2部構成とし、第1部は基調講演。第2部で川崎市スポーツ賞・特別賞の贈呈式とパネルディスカッション。

第1部

午後2時30分~2時55分

基調講演 公益財団法人日本パラリンピック委員会事務局長 中森邦夫氏

第2部

午後3時10分~4時45分

  • 川崎市特別賞贈呈式
    リオデジャネイロ・パラリンピックで活躍された成田真由美氏に川崎市市民特別賞、山口貴久氏に川崎市スポーツ特別賞を福田市長より贈呈いたします。
  • 第1部参加者と福田市長によるパネルディスカッション(成田真由美氏、山口貴久氏によるリオパラリンピック大会の報告など)
  • コーディネーターは、田中暢子 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部准教授

参加方法

事前申込みが必要です。手話通訳・要約筆記あり。
フォームメールから申込みができます。
申込みはこちらから(申込みは終了しました)

申込期限

平成28年11月30日(水)まで。
定員に達した場合は抽選となります。
当日は手話通訳があります。

定員

300名。入場無料

注意事項

  • シンポジウム当日はマスメディアによる取材がある場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 定員に達した場合のみ抽選を行ないます。その場合を除き、事前に参加の可否のご連絡はいたしませんので直接会場にお越しください。
  • 当日は公共交通機関をご利用ください。

シンポジウム案内チラシ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0564

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:20olypara@city.kawasaki.jp