スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

心のバリアフリーエピソードを募集します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年12月1日

コンテンツ番号121726

心のバリアフリーエピソードを募集します

心のバリアフリー」とは、さまざまな心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うことです。そのためには、一人一人が具体的な行動を起こし継続することが必要です。

そこで、皆さんがこれまでに「実際に行った」「人からしてもらった」「見たり聞いたりした」心のバリアフリーのエピソードを募集します。

投稿されたエピソードは、市ホームページに掲載します。

掲載されたエピソードのうち「みんなに実践してほしいエピソード」として選ばれた方にはかわさきパラムーブメントグッズをプレゼント!

関連記事

応募期間

令和2年10月30日(金)~令和4年3月15日(火)

募集テーマ

  • 社会生活を送る上で障壁になっている事柄がある人に対する、その障壁を取り除くための行動又は取組
  • 手助けする側の一方的な行動又は取組ではなく、配慮が必要な人の身になって考えられた行動又は取組
  • 配慮が必要な人が手助け等をされた結果、ポジティブな反応を示した行動又は取組

※今後実践する「心のバリアフリー」に係る行動又は取組についての発表等も可とします。

エピソードの例文

(例1)車いすユーザーの体験

車いすユーザーです。先日、市内の飲食店の入口にあるちょっとした段差のために入店できず困っていたところ、私に続いて入店しようとしてきた女性が後ろからサポートしてくださり、入店することができました。退店する際には店員さんがサポートしてくれたため、問題無くお店を出ることができました。ちょっとした気遣いで気持ちよく食事ができ、とても嬉しかったです。

(例2)手助けをした人の体験

新百合ヶ丘駅で聴覚障害のある方に郵便局への道を尋ねられました。会社の研修で聴覚障害者との筆談でのコミュニケーションについて学習したところだったので、筆談ボードを使って道案内をすることができました。次に同じような機会があった時には、手話を使って会話できるようになりたいと思います。

(例3)お店の取組

ある飲食店に入ったところ、店員さんの名札に「English」や「中文」と書いてありました。何かと尋ねたところ、各店員さんが名札に記載された言語を話せることを明示しているそうです。各言語に対応しているためか、店内には外国人のお客さんが多く、大変にぎわっていました。

投稿方法

  • 投稿は、以下に記載の方法によりメール又はTwitterでお願いします。手書きの形態による投稿は対象外とします。
  • 氏名、住所等の情報は不要です。以下に記載の「投稿に必要な事項」のみ記載してください。
  • 投稿及びプレゼント送付に際しての注意事項」及び「応募規約」を熟読し、ご了承いただいた上で投稿してください。なお、当募集に応募いただいた時点で、「投稿及びプレゼント送付に際しての注意事項」及び「応募規約」全文について了承したものとみなします

メールでの投稿

投稿先

川崎市オリンピック・パラリンピック推進室(20olypara@city.kawasaki.jp

投稿に必要な事項

・エピソード(100~200字程度)

 写真の添付も可(1投稿につき1枚まで)。添付ファイルは10メガバイト以下となる容量でお送りください。

・ニックネーム(市ホームページに投稿を掲載する際に使用します。)

※ニックネームがない場合、匿名として掲載します。

・居住する区(市外の場合、「市外」と記載。)

投稿形式

上記事項をメール本文に直接記載するか、word等の文書作成ソフトで作成し、メールに添付する形式で送付してください。

Twitterでの投稿

投稿先

ご自身のTwitterアカウントでツイートしてください。

投稿に必要な事項

・エピソード(100~200字程度)※ハッシュタグ「#かわさき心のバリアフリー」をツイート内に記載してください。

 写真の添付も可(1投稿につき1枚まで)。添付ファイルは10メガバイト以下となる容量でお送りください。

・居住する区(市外の場合、「市外」と記載。)

・1つのツイートに収まらない場合、そのツイートにつなげる形で投稿してください。その際、どちらのツイートにも上記ハッシュタグを記載してください。

※Twitterでの投稿の場合、アカウント名をニックネームとして使用するため、ニックネームは不要です。

市ホームページへの掲載

掲載時期

毎月初旬:前月末までに投稿されたエピソードを翌月初旬に掲載します。

※「心のバリアフリー」に該当しないと本市が判断したもの、応募規約に反するもの等は掲載しません。

 

掲載内容

・ニックネーム(Twitterでの投稿の場合はアカウント名)及びエピソード

基本的には原文のまま掲載しますが、明らかな誤字・脱字、修正すべき固有名詞等があった場合には、該当箇所を修正の上、掲載します

なお、修正は本市の判断で行うものとし、投稿者の方への連絡等は行いませんのでご了承ください。

プレゼント

市ホームページに掲載されたエピソードのうち「みんなに実践してほしいエピソード」として選ばれた方に「かわさきパラムーブメントグッズ」をプレゼントします。

選定時期

四半期ごと:令和3年2月初旬、5月初旬、8月初旬、11月初旬、令和4年2月初旬、3月末

選定数

若干名(四半期ごと)

個人情報の確認等

プレゼント送付のため、投稿いただいた際に使用されたメールアドレスに返信またはTwitterアカウントにDM送付する形で個人情報の確認等のご連絡をいたします。

Twitterの場合、市TwitterアカウントからのDMを受信できる状態にしておいてください。

※エピソードの投稿は何度でも可能ですが、応募期間中に1度プレゼントされた方が再度エピソードを投稿し、「みんなに実践してほしいエピソード」に選ばれた場合にはプレゼントの送付は行いませんので、あらかじめご了承ください。

投稿及びプレゼント送付に際しての注意事項・応募規約

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0529

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:20olypara@city.kawasaki.jp