スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

新型コロナウイルス感染症の影響により申告期限までの申告等が困難な方へ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年2月25日

コンテンツ番号137771

申告等の期限の延長について

オミクロン株による新型コロナウイルス感染症の急速な拡大に伴い、個人の市民税・県民税に係る申告書の申告期間(令和4年2月16日から3月15日)にかけて、感染者や自宅待機者のほか、通常の業務体制が維持できないこと等により、申告等が困難となる納税者が増加することが想定されます。

また、国税庁から、令和3年分確定申告について、新型コロナウイルス感染症の影響により申告等が困難な方については、令和4年4月15日までの間、簡易な方法により申告・納付期限の延長を申請することができる旨、令和4年2月3日に報道発表されました。
(国税庁ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する対応等について外部リンク」)

こうした状況を踏まえ、川崎市においても、個人の市民税・県民税の申告において、新型コロナウイルス感染症の影響により、申告期限までに申告が困難である場合には、令和4年4月15日までの間、簡易な方法により申告期限の延長申請書が提出されたものとして、取り扱うこととしました

簡易な方法による延長の手続について

申告書の右上の余白に新型コロナウイルス感染症の影響により申告期限の延長を申請する旨を記載してください。具体的な手続については、次のページをご覧ください。

個人の市民税・県民税の手続について

その他の申告・申請等の期限の延長について

個人の市民税・県民税の申告以外の申告・申請等においても、簡易な方法による延長の手続を行うことができます。具体的な手続については、次のページをご覧ください。

法人の市民税の手続について

延長の対象となる手続

簡易な方法による延長の手続は、オミクロン株による新型コロナウイルス感染症の急速な拡大に伴い、申告等が困難となる納税者が増加することが想定されることを踏まえたものであるため、令和4年1月以降に申告等の期限を迎える手続を対象としています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 財政局税務部税制課
〒210-0006 川崎市川崎区砂子1-8-9 川崎御幸ビル5階
電話:044-200-2191
ファクス:044-200-3906
メールアドレス:23zeisei@city.kawasaki.jp