スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和元年度企画展~「非平和展」マイノリティを視点として グローバルの今 ローカルの過去~報告

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月6日

コンテンツ番号121149

令和元年度企画展

~「非平和展」マイノリティを視点として グローバルの今 ローカルの過去~

クルドやパレスチナの人々の現在、川崎における在日コリアンの過去など、マイノリティを視点として平和を考える写真・絵画展を開催。紛争に翻弄される人々や、困難の中にあっても力強く生きる人々の姿を写し出しました。
また、関連イベント映画上映会として、11月30日(土)に「ラジオ・コバニ」、12月7日(土)に「焼肉ドラゴン」を上映しました。

期間

令和元年11月9日(土)~12月8日(日)

午前9時~午後5時

会場

川崎市平和館 屋内広場

展示品(約110点)

  • ゼフラ・ドアン氏が獄中で描いた絵画
  • クルド人ジャーナリスト レフィック・テキン氏がトルコで撮影した写真を中心に、パレスチナ、アメリカへの労働移民などマイノリティの現在を写した写真
  • 過去の在日コリアンコミュニティを写した川崎の写真
  • さまざまな写真をつなぐガイドとしての平和学の説明パネル

協力

社会福祉法人 青丘社(写真提供)、根本美樹(写真コーディネート)

関連イベント 映画上映会

  • 令和元年11月30日(土)午後2時~

  【映画上映】:ラジオ・コバニ

  • 令和元年12月7日(土)午後2時~

  【映画上映】:焼肉ドラゴン

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室平和館

〒211-0021 川崎市中原区木月住吉町33-1

電話:044-433-0171

ファクス:044-433-0232

メールアドレス:25heiwa@city.kawasaki.jp